【女子テニス】大阪なおみのブリスベン国際2020の日程と放送局

【女子テニス】大阪なおみのブリスベン国際2020の日程と放送局

大阪なおみの2020年開幕戦はブリスベン国際が予定となっています。
2020年シーズンは世界ランキング3位からのスタートで、2019年にランキング1位となった経験を持つ大阪なおみ選手にとっては、巻き返しのシーズンと言えるでしょう。

ブリスベン国際の女子シングルスに出場する予定で、このページでは試合日程や放送局の情報について記載します。

 

ブリスベン国際とは

ブリスベン国際とは、2009年から開催されているWTAツアーのテニス大会です。
開催地はオーストラリアのブリスベンです。

コートの種類はハードコートです。

大会のグレードはプレミアに位置しています。
WTAツアーではグランドスラム、プレミアマンダトリー、プレミア5、プレミア、インターナショナルの5段階に分類されています。
グレードごとに賞金や獲得できるポイントが異なります。

2019年度の優勝ポイントは470でした。

男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルスの4部門で大会が行われます。

 

日程

日程

大阪なおみの対戦カード

開催日時 対戦カード
1回戦 1月7日 11:00 vs マリア・サッカリ(23位)
2回戦 1月9日 10:00 vs ソフィア・ケニン(14位)
準々決勝 1月10日 14:30 vs キキ・バーテンス(6位)
準決勝 1月11日 15:30 vs カロリーナ・プリスコバ(2位)

 

2回戦は1月8日と1月9日、準々決勝は1月10日、準決勝は1月11日、決勝は1月12日開催です。1回戦は2020年1月6日午前10時と、1月7日午前10時開始です。

大会の開催期間は、2020年1月6日~1月12日までの全7日間です。

※大阪なおみの対戦相手は日程が決まり次第、随時追記します。

 

※2020年1月11日追記
大阪なおみは2回戦を突破して、ベスト8に進出しました。
準々決勝ではランキング6位の強敵キキ・バーテンス(オランダ)との対戦が決まりました。
1月11日追記、準々決勝ではキキ・バーテンス選手にセットカウント2-1で勝利を収めました。
準決勝の対戦相手はランキング2位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)です。

残念ながら1月11日の準決勝で、大阪なおみはカロリーナ・プリスコバに敗れました。
この結果により、決勝戦はマディソン・キーズ(アメリカ)vsカロリーナ・プリスコバ(チェコ)の対戦が決まりました。

 

放送局

放送局

 

DAZN(ダゾーン)が1回戦から独占配信

ブリスベン国際2020は地上波、BS、CS共に放送予定はありません。
インターネット配信サービスのDAZNが放映権を取得しており、特に大阪なおみの出場試合を独占放送することを発表しています。

DAZNでは1回戦から決勝戦まで、全てライブ配信を行います。

従って、WOWOWやスカパーでの試合の中継はありません。




DAZNはVOD(ビデオ・オンデマンド)に分類されるチャンネルで、スポーツ専門の放送局です。
インターネット配信ですので、パソコンやスマートフォン、タブレットで試合を視聴するスタイルです。

DAZNの中継をテレビで見るためには、FireStickTVなどの別売り機器を購入して接続する必要があります。

パソコンやスマートフォンでスポーツ観戦ができるために、アンテナを取り付ける必要はありませんし、どこでも試合の中継が見れる点が魅力です。

 

DAZNはテニスの4大大会や日本国内の試合を除いて、海外の大会では大阪なおみの試合中継を独占契約しています。
そのために大阪なおみの試合を欠かさずチェックしたい人には、加入をおすすめします。

 

加入するには公式サイトでアカウント登録を済ませる必要がありますが、登録にかかる時間は5分程度です。
メールアドレスと氏名などの情報を入力することと、カード情報の入力が必要です。
クレジットカードの他、デビットカードでの登録も可能です。

テニスの試合だけではなく、サッカーや野球、バスケットボールなど様々なスポーツを楽しめます。

初めてアカウントを作成する人は、31日間のお試し無料期間があります。
月の途中で加入しても、登録日から数えて31日間無料で番組が見れます。

 

大阪なおみの過去5年間の成績

ラウンド 対戦相手 スコア
2015年

不出場

2016年 予選3回戦 カテリーナ・ボンダレンコ 6-7,6-4,4-6
2017年

不出場

2018年

不出場

2019年 準決勝 レシヤ・ツレンコ 2-6,4-6

 

昨年の大会では準決勝まで進出しましたが、ウクライナのレシヤ・ツレンコにセットカウント1-2で敗戦しました。
レシヤ・ツレンコは決勝戦で、カロリナ・プリスコバに敗れて準優勝になりました。

 

出場予定のシード選手

選手名 年齢 国籍
1位 アシュリー・バーティ 23 オーストラリア
2位 カロリーナ・プリスコバ 27 チェコ
3位 大坂なおみ 22 日本
6位 エリナ・スビトリーナ 25 ウクライナ
7位 ペトラ・クビトバ 29 チェコ
9位 キキ・バーテンズ 27 オランダ
12位 ジョハナ・コンタ 28 イギリス
13位 マディソン・キーズ 24 アメリカ
14位 ソフィア・ケネン 21 アメリカ
18位 アリソン・リスク 29 アメリカ
19位 ドナ・ベキッチ 23 クロアチア
20位 アンジェリック・ケルバー 31 ドイツ
21位 カロリーナ・ムチョバ 23 チェコ
22位 デヤナ・イエストレムスカ 19 ウクライナ
23位 マリア・サカーリ 24 ギリシャ
25位 スローン・スティーブンス 26 アメリカ
26位 アネット・コンタベイト 23 エストニア
27位 アナスタシア・セバストワ 29 ラトビア
30位 ダニエル・コリンズ 28 ロシア
31位 アナスタシア・パブリウチェンコワ 25 アメリカ
32位 シェイ・スーウェイ 33 台湾
33位 バーボラ・ストリコバ 33 チェコ
53位 ビーナス・ウィリアムズ 39 アメリカ
99位 サマンサ・ストーサー 35 オーストラリア

 

歴代の最多優勝選手

 

歴代で最も優勝回数が多い選手は2013年と2014年に大会連覇を達成したセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)と、2017年、2019年に優勝したカロリナ・プリスコバ(チェコ)2回です。

歴史の浅い大会なので、最多優勝回数も2回と少なめです。
両選手ともシード選手として、2020年大会にも出場します。

 

過去5年間の優勝者

優勝 スコア 準優勝
2015年 マリア・シャラポワ 2-1 アナ・イバノビッチ
2016年 ビクトリア・アザレンカ 2-0 アンゲリク・ケルバー
2017年 カロリナ・プリスコバ 2-0 アリーゼ・コルネ
2018年 エリナ・スビトリナ 2-0 アレクサンドラ・サスノビッチ
2019年 カロリナ・プリスコバ 2-1 レシア・ツレンコ

 

前回大会を優勝したのは、チェコのカロリナ・プリスコバです。
カロリナ・プリスコバは、過去5年間のプリスベン国際で2度優勝しています。

 

注目選手

アシュリー・バーティ

アシュリー・バーティはオーストラリア出身の23歳です。
WTAツアーではシングルスで5勝をあげており、2019年にランキング1位になりました。
2019年最終戦となるWTAファイナルズでも優勝を果たしていて、現在最も強い選手と言っても良いでしょう。

4大大会の優勝回数は、全仏オープン1回(2019)です。
全豪オープンではベスト8、全仏オープンでは優勝、ウインブルドンでは4回戦、全米オープンでは4回戦が最高成績です。

大阪なおみとの対戦成績は通算3試合で2勝1敗で、アシュリー・バーティが勝ち越しています。

 

カロリナ・プリスコバ

カロリナ・プリスコバは27歳の選手で、WTAツアーではシングルスで通算14勝をあげています。
2019年時点でのランキングは2位で、賞金ランキングは6位の実力者です。
2015年に初めてランキングトップ10入りを果たし、2017年7月にランキング1位になった経験を持ちます。

4大大会の優勝経験はありません。
全豪オープンではベスト4、全仏オープンでもベスト4、ウインブルドンでは4回戦、全米オープンでは準優勝がシングルスでの最高成績です。

大阪なおみとの対戦成績は、通算4試合で2勝2敗です。

 

まとめ

ブリスベン国際2020の試合中継はDAZNで配信されることが決定しており、大阪なおみにとっての2020年シーズン開幕戦です。

彼女の海外での試合はDAZNが独占配信することが決まっているために、これを機会に加入して応援しましょう。