【20-21】スポナビのブンデスリーガ無料放送の情報

【20-21】スポナビのブンデスリーガ無料放送の情報

日本のサッカーファンに非常に人気の高いリーグとして、ドイツのブンデスリーガが挙げられます。
古くから日本人選手が挑戦してきたリーグですが、香川真司在籍時のドルトムントでの2連覇や内田篤人在籍時のシャルケがCLでベスト4まで進出するなど、日本人の評価を高めてきた実績があります。

 

現在ではドイツでの日本人への評価は高いものがあり、多くの選手がプレーしています。

 

このページでは、人気の海外サッカーリーグの1つのブンデスリーガを無料放送しているスポナビの情報を紹介します。

 

スポナビとは

スポナビとはヤフー株式会社が運営しているスポーツサイトです。

2018年までは独自のスポーツ動画配信サービスを行っていました。

動画配信サービスではサッカーや野球、バスケットなどの試合をネット上で視聴できるオンデマンド放送を実施していました。
そのサービスに関しては2018年5月31日に終了しています。

 

ただし、オンデマンドのノウハウを完全に捨てたわけではなく、スカパーやDAZNなどのスポーツの試合を視聴できるサイトと提携することで、Jリーグやプロ野球のハイライト動画を配信しています。

 

20-21シーズンのブンデスリーガの放映権はスカパーが保有しており、共同企画の形でスポナビのサイトでも毎月1試合のライブ配信を行うことが決定しました。

配信される試合は日本人選手が所属するクラブが中心になると予想されますが、どの試合が選ばれるかの基準は不明です。

 

無料配信の期間とは

 

無料で試合のライブ配信が行われる期間は、2020年10月から2021年4月までと発表されました。

 

20-21シーズンのブンデスリーガの日程では、最終節が5月22日に組まれています。
そのために配信期間はシーズンが完全に終了するまでではなく、2021年4月24日開催予定の第31節までとなります。

 

配信日程

10月31日 23:30 ビーレフェルト vs ドルトムント
11月28日 23:30 ライプツィヒ vs ビーレフェルト
12月19日 23:30 アウグスブルク vs フランクフルト

 

配信の日程は毎月随時発表される形で、公式サイトを確認しなければなりません。
多少の手間はかかりますが、料金をかけずに視聴できる点を考えると致し方ないことと割り切るしかないでしょう。

 

10月と11月では堂安所属のビーレフェルトの試合が選ばれました。
12月は元日本代表でレジェンドとも言える長谷部と鎌田が所属しているフランクフルトの試合が放映されます。

2021年1月以降の配信日程は、2020年12月現在では未定です。

 

ブンデスリーガに所属する日本人選手

 

フランクフルトには元日本代表キャプテンとして3度のワールドカップ出場経験のある長谷部と、現役代表の鎌田がいます。
鎌田は完全にチーム内の定位置を確保しており、レギュラーとして出場しています。

 

シュツットガルトの遠藤航はドイツ国内でも評価がうなぎ上りの選手で、代表のボランチでも確固たる地位を築きつつあります。
シュツットガルトの2部時代からチームに加わって、1部昇格にも貢献しました。
ドイツの地で挑戦することで飛躍的に成長を遂げた選手の1人で、現在ではクラブでも代表でも欠かせない存在と言えるでしょう。

 

ブレーメンの大迫はチャンスを与えられていますが、未だ今シーズンのゴールは0と苦しんでいる状況です。

 

ビーレフェルトの堂安はオランダのPSVでは上手く行かないシーズンを過ごしましたが、ドイツにレンタルされることで活路を開きました。
ビーレフェルトではチームにフィットして出場機会を得ているために、PSVから出る選択が報われました。
このままドイツで試合に出場しながらレベルアップできれば、代表でも必要な選手になるでしょう。

 

横浜Fマリノスからウニオン・ベルリンに移籍をした遠藤渓太は、レギュラーではありませんが少しずつ出場機会を増やしている段階です。
クラブとしても最初から即戦力というよりも、チーム内で成長させることを見越した先行投資型の補強ではないでしょうか。
遠藤渓太は年齢も23歳ですので、これからが楽しみな選手です。

 

ライブ配信の視聴方法

スポナビのサイトにアクセスするだけで良く、アカウントの登録作業などは必要ありません。
ライブ配信限定のサービスなので、見逃し視聴はできません。

従って、予め試合開始の時間を把握しておいて、キックオフの際にはサイトに訪れておくことが大事です。

試合映像はスカパーから提供を受けていますが、MCや解説、ゲストなどは異なります。
 

 

提携の目的とは

多くの試合が対象ではなく、毎月1試合限定のサービスなのでスカパー側にとっても宣伝のメリットになります。
動画配信サイト上にもスカパーが提供しているブンデスLIVEのリンクが貼っている点から、両方の会社にメリットのある提携と言えます。

 

お金をかけずに試合の視聴をした結果、ドイツサッカーに魅力を感じたり、もっとたくさんの試合が見たい人は正式にスカパーに加入することをおすすめします。
 

 

まとめ

スポナビのスポーツ配信ページにアクセスすることで、無料でブンデスリーガの試合を楽しめます。
毎月注目カードがピックアップされますので、日本代表選手のプレーを確認したい人におすすめです。