【2019-2020】カラバオカップの試合日程と放送局の情報

【2019-2020】カラバオカップの試合日程と放送局の情報

イングランドのサッカーと言えば、プレミアリーグやFAカップが有名です。
この2つの大会の他にカップ戦として、カラバオカップが並行して開催されていることをご存じの方も多いでしょう。

このページでは、カラバオカップの試合日程や放送局などの情報を記載します。

 

カラバオカップとは

カラバオカップとは、リーグカップに該当します。
多くの国では国内カップ戦は1つしか開催されませんが、イングランドではFAカップの他にリーグカップも行います。

1960年に設立された大会ですので、FAカップと比較すると長い歴史はありません。

優勝チームには、UEFAヨーロッパリーグの出場権が与えられます。

本来の名称はEFLカップ(イングリッシュ・フットボール・リーグカップ)で、1982年からはスポンサー名を大会の名称に使用しています。
現在の大会のスポンサーであるカラバオ社は、タイのエナジードリンクを製造している会社です。

 

レギュレーション

イングランドのフットボールリーグに所属しているクラブが参加します。
1部~4部の全92クラブが参加する大会で、FAカップのようにアマチュアクラブには参加資格はありません。

ノックアウト制のトーナメント戦の運営方式が採用されており、一発勝負で勝利したチームが次のラウンドへ進出します。
90分間で同点の場合には、前後半15分ずつの延長戦を行い、それでも決着が付かなかった際にはPK戦で勝敗を決めます。
ただし、準決勝だけはホーム&アウェーの2試合制で行います。

決勝戦の会場はウェンブリースタジアムです。

 

日程

【準決勝】

開催日時 対戦カード
1月8日 5:00 マンチェスター・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ
1月9日 5:00 レスター vs アストンビラ
1月29日 4:45 アストンビラ vs レスター
1月30日 4:45 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド

 

【決勝】

開催日時 対戦カード
3月1日 25:30 アストンビラ

vs

マンチェスター・シティ

 

※1回戦は2019年8月16日から始まっており、2019年12月現在では準決勝まで大会は進行しています。
従って、当サイトでは準決勝と決勝の日程を記載します。

準決勝の開催日程は第1戦が2020年1月6日と7日、第2戦が2020年1月28日と29日です。
決勝戦は2020年3月1日に開催されます。

※ 2月3日追記
準決勝が終わり決勝戦のカードが、アストンビラvsマンチェスター・シティに決まりました。

 

注目ポイント

注目ポイントは、やはりマンチェスターダービーです。
準決勝の対戦カードはマンチェスターダービーとなり、リーグ戦に加えて2試合のダービーが行われる点が注目です。

今シーズンのリーグ戦では、2019年12月7日の第16節で対戦しており、マンチェスター・ユナイテッドが2-1で勝利しました。
マンチェスター・シティ側から見れば、ホームでの敗戦でしたので、手痛い一敗となったでしょう。

今シーズンのマンチェスター・シティはリーグ戦前半のみですでに4敗を喫しており、昨シーズンまでの強さがあるとは言えません。
グアルディオラ監督は2016年から指揮を執っているために、チームの過渡期に差し掛かっているのかも知れません。

リーグカップとはいえ準決勝ですし、ダービーという点も含めて本気の勝負が見られるでしょう。
プレミアリーグでは首位のリバプールと14ポイント差を付けられていますし(2019年12月現在)、国内のタイトルを獲得しておきたいところでしょう。

 

一方の対戦カードであるレスター vs アストンビラは、リーグ戦で好調な成績を残しているレスターが有利と言えます。
一発勝負で勝敗が決するベスト8までであれば、ジャイアントキリングも狙えたかも知れません。
しかし、準決勝は2試合合計で決勝進出チームを決めるレギュレーションなので、順当に行けばレスターが勝ち進む可能性が高いです。

 

歴代の最多優勝チーム

 

歴代のELPカップでの最多優勝チームはリバプールで、8回の優勝を誇ります。
決勝戦の出場回数の最多記録もリバプールが持っており、12回出場しています。

準決勝への最多進出回数もリバプールで、ELPカップでの強さを表しています。
ただし、最後に優勝したのは2011-2012シーズンですので、最近7年間はリーグカップのタイトルは獲得していません。

 

過去5年間の歴代決勝戦

優勝 スコア 準優勝
2014-2015 チェルシー 2-0 トッテナム
2015-2016 マンチェスター・シティ 1-1
3-1(PK)
リバプール
2016-2017 マンチェスター・ユナイテッド 3-2 サウサンプトン
2017-2018 マンチェスター・シティ 3-1 アーセナル
2018-2019 マンチェスター・シティ 0-0
4-3(PK)
チェルシー

 

過去5年間のタイトル獲得チームはビッグクラブが占めています。

直近4年間はマンチェスター勢が4年連続で優勝を果たしました。
決勝進出チームも2016-2017シーズンのサウサンプトン以外、ビッグクラブが勝ち上がってきた傾向が見てとれます。
リーグカップと言えども、タイトルを獲得する困難さが伺えます。

今シーズンは準決勝までレスターが勝ち上がっており、リーグ戦で2位の好成績を収めているために、久しぶりにビッグクラブ以外のチームが優勝するかも知れません。

 

過密日程の問題

イングランドサッカーは他の欧州サッカーリーグと比較して、日程が過密だと言われます。
冬の休み期間(ウインターブレイク)を採用しているリーグが多い中、イングランドでは冬の間も試合が続きます。

2018-2019シーズンのチャンピオンズリーグでリバプールが優勝したため、2019年のクラブワールドカップへの出場権を手にしました。
しかし、ELPカップも並行して開催されているために、クラブワールドカップとELPカップの準決勝の時期が被ってしまいました。

リバプールのAチームはクラブワールドカップに参加するために開催地のカタールへ行っているので、準々決勝はU-23を始めとする若手選手のみで戦い敗退した経緯があります。

このような事例が発生したことからみても、試合日の調整や大会の見直しなどの議論が度々起こっています。

 

放送局(テレビ放送)

 

地上波やBS、CS、VOD(ビデオ・オンデマンド)など全てのテレビ局で、カラバオカップは中継されていません。

放映権はイギリスのテレビ局であるSky Goが持っており、日本で試合を視聴するにはSky Goのサイトにアクセスするしかありません。

イギリスのオンデマンド放送局といえばDAZNですが、カラバオカップの試合中継を行っていないことは残念です。
プレミアリーグやFAカップの放映権はDAZNが保有しているので、イングランドサッカーを楽しみたい人におすすめです。

DAZNはその他にも、ラリーガ(リーガ・エスパニョーラ)やセリエA、リーグアンなどの試合も中継しています。
日本人選手が所属しているクラブの試合も、数多く放送している点が特徴です。

初めての加入者ならば、1か月間の無料お試し期間があります。
アカウント登録を済ませてから、1か月間は無料でスポーツ観戦ができるのでお得です。

 

まとめ

残念ですが日本でカラバオカップの放映権を取得している放送局はありません。

イングランドサッカーのファンは、プレミアリーグとFAカップは視聴できるために、これらの大会の試合を見て楽しむことをおすすめします。