【19-20】CLの決勝トーナメント1回戦から決勝戦までの全日程

【19-20】CLの決勝トーナメント1回戦から決勝戦までの全日程

2019年12月16日スイスのニヨンにて、CL(UEFAチャンピオンズリーグ)の決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が行われました。

2019-2020年シーズンの決勝トーナメントは、欧州カントリーランキングで上位5位までのチームしかグループステージを突破しておらず、どのチーム同士が対戦しても白熱した試合になることが予想されます。

このページでは、19-20シーズンのCL決勝トーナメント1回戦から決勝戦までの全日程をみていきます。

途中で中断となっていた2019-2020シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは、8月に再開することが決定しました。

2020年7月現在で消化されていない決勝トーナメント1回戦の2ndレグの4試合は、8月7日8月8日に行われます。

 

日程

 

【決勝トーナメント1回戦・ファーストレグ】

開催日時 対戦カード
2月18日 29:00 ドルトムント vs パリ・サンジェルマン
2月18日 29:00 アトレティコ・マドリード vs リバプール
2月19日 29:00 アタランタ vs バレンシア
2月19日 29:00 トッテナム vs ライプツィヒ
2月25日 29:00 チェルシー vs バイエルン・ミュンヘン
2月25日 29:00 ナポリ vs バルセロナ
2月26日 29:00 レアル・マドリード vs マンチェスター・シティ
2月26日 29:00 リヨン vs ユベントス

 

【決勝トーナメント1回戦・セカンドレグ】

開催日時 対戦カード
3月10日 29:00 バレンシア vs アタランタ
3月10日 29:00 ライプツィヒ vs トッテナム
3月11日 29:00 パリ・サンジェルマン vs ドルトムント
3月11日 29:00 リバプール vs アトレティコ・マドリード
8月7日 28:00 マンチェスター・シティ vs レアル・マドリード
8月7日 28:00 ユベントス vs リヨン
8月8日 28:00 バイエルン・ミュンヘン vs チェルシー
8月8日 28:00 バルセロナ vs ナポリ

 

【準々決勝】

開催日時 対戦カード
8月12日 28:00 アタランタ vs パリ・サンジェルマン
8月13日 28:00 ライプツィヒ vs アトレティコ・マドリード
8月14日 28:00 バルセロナ vs バイエルン・ミュンヘン
8月15日 28:00 マンチェスター・シティ vs リヨン

 

【準決勝】

開催日時 対戦カード
8月18日 28:00 ライプツィヒ vs パリ・サンジェルマン
8月19日 28:00 リヨン vs バイエルン・ミュンヘン

 

【決勝】

開催日時 対戦カード
8月23日 28:00 パリ・サンジェルマン vs バイエルン・ミュンヘン

 

対戦カード表の左側のチームがホームチーム、右側のチームがアウェーチームとなります。

決勝トーナメント1回戦の日程は、ファーストレグが2月18日と19日、25日、26日です。
セカンドレグは3月10日と11日、17日、18日です。

決勝トーナメント1回戦では、グループステージを2位の順位で突破したチームのホームスタジアムでファーストレグの試合が行われます。

セカンドレグをホームで戦ったほうが有利という考え方もあり、グループステージを1位で突破したチームのアドバンテージとも言えるでしょう。

 

準々決勝以降の対戦カードは、決勝トーナメント1回戦を勝ち抜いたチームが決定し次第追記していく予定です。
決勝戦の開催地はトルコのイスタンブールで、会場はアタテュルク・オリンピヤト・スタジアムです。

 

レギュレーションと日程の変更

準々決勝以降は通常のホーム&アウェー方式のレギュレーションから、1試合制に変更されることが決まりました。

準決勝は8月12日~15日、準決勝は8月18日8月19日、決勝は8月23日に行われる予定です。

 

注目の対戦カード

リバプール vs アトレティコ・マドリード

リバプールは昨シーズンの王者で、19-20シーズンのプレミアリーグでは首位を独走しているために好調をキープしています。
アトレティコ・マドリードは昨シーズンまでのチームの中心選手だったグリーズマンの移籍が影響しているのか、国内リーグで調子が上がっていません。

しかし、CLでは15-16シーズン~17-18シーズンにかけて、レアル・マドリードが3連覇を達成するまでは、長きにわたって連覇するチームは現れませんでした。
レアル・マドリードの3連覇以外に、現行のチャンピオンズリーグの大会方式になってからは連覇したチームはありません。

大会の連覇はチャンピオンズリーグの前身であるチャンピオンズカップ時代まで遡り、1988-89、1989-1990シーズンのACミラン(イタリア)が記録しています。

これぐらいCLの連覇は難しいと言えますので、現在のリバプールが全盛期と考えても簡単なことではなく、難敵のアトレティコ・マドリード戦も難しい試合になると予想します。

 

レアル・マドリード vs マンチェスター・シティ

レアル・マドリードはラ・リーガで、冬の順位が上位をキープしそうです。
一方で、マンチェスター・シティはプレミアリーグで上位の順位を保ってはいるものの、首位リバプールからは勝点差で15ポイント近く離されています。
2月の時点でプレミアリーグでリバプールとの差が大きく開きすぎていると、国内リーグのタイトルを諦めてチャンピオンズリーグに賭けてくる可能性もあります。

上位リーグ同士のビッグマッチと言えますので、注目の一戦です。

 

最多優勝チーム

CLの最多優勝チームは、13度大会を制しているレアル・マドリード(スペイン)です。
最後の優勝は2017-2018シーズンですので、2年前にタイトルを獲得しています。

2001-2002シーズンに決勝戦でレバークーゼン(ドイツ)を2対1で下して優勝して以降、長い期間ベスト16の壁を突破できない時期がありました。
レバークーゼンを破って優勝を飾った際にはジダンが華麗なボレーシュートを決めました。
そして、再びレアル・マドリードがCLの優勝タイトルを獲得した際の監督がジダンで、クラブのレジェンドと言える存在です。

ジダン監督は3連覇を達成した2018年をもって、一度現場から退きましたが、後任に就任したロペテギ監督の成績が振るわなかったためにジダンが再就任しました。
今季もジダン監督がチームを率いており、優勝経験を持つ名将の手腕が期待されます。

 

過去5年間の決勝戦の結果

優勝 スコア 準優勝
2014-2015 バルセロナ 3-1 ユベントス
2015-2016 レアル・マドリード 1-1
5-3(PK)
アトレティコ・マドリード
2016-2017 レアル・マドリード 4-1 ユベントス
2017-2018 レアル・マドリード 3-1 リバプール
2018-2019 リバプール 2-1 トッテナム

 

放送局(テレビ放送)




CL(UEFAチャンピオンズリーグ)の放映権は、DAZNが独占保有しています。
従って、チャンピオンズリーグの試合を見るには、DAZNに加入する以外に方法はなく、地上波やBS、CSのテレビ放送はありません。

DAZNはスポーツ専門のインターネット動画配信サービスを提供しているチャンネルです。

一般的な試合の視聴方法はパソコンやスマートフォン、タブレットとなり、家庭用のテレビ画面で試合を見るには別売りの機器(FireStickTVなど)が必要です。

VOD(ビデオ・オンデマンド)と呼ばれるジャンルのチャンネルで、ネットが整っている環境であれば場所に関係なく番組を見ることができます。
サッカー中継では、チャンピオンズリーグの他にUEFAの大会ならばヨーロッパリーグも見れます。

プレミアリーグセリエAリーグアンなどの放映権もDAZNが取得しているので、海外サッカー好きは加入することをおすすめします。

視聴形態もフルタイム動画の他にハイライト動画と、ショートハイライト動画を選択できます。
時間の余裕が無い人でフルタイムで見ることが難しい場合には、ハイライト動画やショートハイライト動画に切り替えることも可能です。
通常のハイライト動画は5~6分程度、ショートハイライト動画は1分30秒~2分程度の長さです。

初めてDAZNに加入する人ならば、「31日間の無料お試し」ボタンを押してアカウント登録を済ませれば、登録した日から1か月間番組を無料で視聴できます。

 

まとめ

2019-2020シーズンの決勝トーナメントの組み合わせも決定して、対戦カードの日程が決まりました。

トーナメント1回戦から好カードが続出するシーズンになっているために、見逃すことなくチェックすることがおすすめです。