【2019-2020】ドイツカップの日程や放送局情報まとめ

【2019-2020】ドイツカップの日程や放送局情報まとめ

各国のサッカー界では、国内リーグとは別に国内のカップ戦があります。
ドイツサッカーの国内カップ戦は正式にはDFBポカールといって、プロとアマチュアの両方が参加する大会です。

このページでは、ドイツカップ(DFBポカール)の日程や試合を見れる放送局の情報などを書きます。

2019-2020シーズンのドイツサッカーは一時中断していましたが、5月16日より再開しました。
4月23日に予定されていたカップ戦・準決勝の日程は延期により、6月10日に行われます。

 

ドイツカップとは

ドイツカップとは、1935年に創設されたドイツサッカーの国内カップ戦です。
85年間にわたり継続して行われている歴史のある大会です。

1部の18チームと2部の18チーム、3部の昨シーズンの上位4チーム、その他3部やアマチュアリーグの予選を通過してきたクラブが参加します。
大会に参加するのは、合計で64クラブです。

優勝チームは翌シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得します。

 

レギュレーション(大会形式)

シード制は採用されていないために、1部リーグのクラブであっても平等に1回戦から出場します。
初戦から決勝戦まで全てのラウンドで、1試合のみのノックアウト式トーナメント制で行われます。
従って、どのラウンドにおいてもホーム&アウェーの2試合制はありません。

 

90分間で勝敗が決しないときには、前後半各15分間の延長戦を行います。
延長戦でも勝負が付かない際には、PK戦を行って次のラウンドに進むチームを決めます。

 

日程

【3回戦(ラウンド16)】

開催日時 対戦カード
2月4日 26:30 フランクフルト vs ライプツィヒ
2月4日 26:30 カイザースラウテルン vs デュッセルドルフ
2月4日 28:45 シャルケ vs ヘルタ
2月4日 28:45 ブレーメン vs ドルトムント
2月5日 26:30 レバークーゼン vs シュツットガルト
2月5日 26:30 フェアル vs ウニオン・ベルリン
2月5日 28:45 バイエルン・ミュンヘン vs ホッフェンハイム
2月5日 28:45 ザールブリュッケン vs カールスルーエ

 

【準々決勝】

3月5日 26:30 ザールブリュッケン vs デュッセルドルフ
3月5日 28:45 シャルケ vs バイエルン・ミュンヘン
3月6日 26:30 レバークーゼン vs ウニオン・ベルリン
3月6日 28:45 フランクフルト vs ブレーメン

 
【準決勝】

6月10日 27:45 ザールブリュッケン vs レバークーゼン
6月10日 27:45 バイエルン・ミュンヘン vs フランクフルト

 
【決勝】

7月4日 27:00 バイエルン・ミュンヘン vs レバークーゼン

※2020年1月現在、1回戦と2回戦は終了しました。
そのために3回戦から日程を記載します。4回戦以降の組み合わせは、決まり次第追記します。

 

2019年8月9日に1回戦が開催されました。
2回戦は2019年10月29日と10月30日、3回戦は2020年の2月4日と2月5日、準々決勝は4月2日と4月3日、準決勝は4月23日と4月24日に行われる予定です。

決勝の日程は2020年5月25日で、リーグ戦の最終節の約10日後の開催です。
決勝戦の会場は、ベルリンオリンピアシュタディオンです。

再開後の新日程では、準決勝は6月10日と6月11日に開催となります。

 

※2月13日追記
ポカール準々決勝で、長谷部所属のフランクフルトと大迫所属のブレーメンの対戦が実現します。
日本人選手が所属するクラブを中心に視聴している人にとっては見逃せない一戦と言えるでしょう。※3月10日追記
準決勝の組み合わせも決まり、大会もいよいよ大詰めとなりました。
鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトと、大迫勇也所属のブレーメンの一戦は日本人のいるクラブ同士の対決とあって注目されましたが、フランクフルトが勝ち上がっています。

鎌田大地はゴールを上げて、ヨーロッパリーグでの活躍も合わせてカップ戦での勝負強さを見せました。

 

大会に参加する日本人選手

日本人選手

 

所属クラブ

長谷部誠 フランクフルト
鎌田大地 フランクフルト
大迫勇也 ブレーメン
原口元気 ハノーファー(2部)
遠藤航 シュツットガルト(2部)
宮市亮 ザンクトパウリ(2部)

 

日本人選手ではブンデスリーガの1部と2部のクラブに所属する6名が、この大会に参加しました。

2020年1月現在では、大会は3回戦まで進んでいます。

長谷部と鎌田が所属するフランクフルトと大迫勇也がいるブレーメンは、3回戦進出を決めました。
2部で上位に付けているシュツットガルトも、3回戦まで勝ち上がっています。

 

一方、原口元気所属のハノーファーは、1回戦で同じ2部のカールスルーエに敗れました。
宮市亮所属のザンクトパウリも、2回戦でフランクフルトと対戦して敗退しています。

日本人選手のいるクラブが3つ勝ち残っていますので、上位を目指してほしいところです。

 

最多優勝チーム

優勝

 

最も多く優勝しているクラブはバイエルン・ミュンヘンで、合計19回の優勝を誇ります。
最後に優勝したのは昨シーズンですので、ディフェンディングチャンピオンとなります。

 

国内リーグで覇権を握っているバイエルン・ミュンヘンであっても、カップ戦を制することは難しく、連覇は2012-2013シーズンと2013-2014シーズン以来ありません。

今シーズン優勝すれば、それ以来の連覇を達成することになります。

 

過去5年間の成績

優勝 スコア 準優勝
2014-2015 ヴォルフスブルク 3-1 ドルトムント
2015-2016 バイエルン・ミュンヘン 0-0
4-3(PK)
ドルトムント
2016-2017 ドルトムント 2-1 フランクフルト
2017-2018 フランクフルト 3-1 バイエルン・ミュンヘン
2018-2019 バイエルン・ミュンヘン 3-0 ライプツィヒ

 

過去5年間では、バイエルン・ミュンヘンが2度タイトルを獲得しました。
長谷部誠が所属するフランクフルトは2回決勝戦へと駒を進め、2017-2018シーズンで優勝を果たしました。

 

ドルトムントは過去5年以内に3度決勝まで勝ち進んでおり、近年はカップ戦での強さを発揮していると言えます。

日本人選手では長谷部以外に、1977-1978シーズンに奥寺康彦、2011-2012シーズンと2016-2017シーズンの2度香川真司が優勝しています。

 

注目ポイント

注目ポイント

 

日本人選手として4名が3回戦まで残っていますが、強豪クラブとの対戦が決まりました。
注目ポイントはフランクフルトやブレーメンが、ブンデスリーガ1部の上位チームに勝利してジャイアントキリングを達成できるかという点でしょう。

 

フランクフルトvsライプツィヒ

ライプツィヒはシーズンの前半戦を終了して首位に立っており、冬の王者になりました。
前半戦の17試合で11勝4分2敗の好成績を収めているために、フランクフルトにとっては厳しい相手になることが予想されます。

フランクフルトは17試合で5勝3分9敗の13位の成績で、昇格プレーオフを行う16位との差は3ポイントしかありません。
調子の上がらないシーズンとなっているために、ライプツィヒにどのように立ち向かっていくのかが注目ポイントです。

 

ブレーメンvsドルトムント

大迫勇也が所属しているブレーメンは、強豪のドルトムントと対戦します。
ドルトムントはシーズン前半戦を4位で折り返しており、リーグ戦優勝やカップ戦の上位進出を狙っていると言えます。

一方、ブレーメンはフランクフルトよりもさらに厳しいチーム状態で、自動降格圏内の17位に沈んでいます。
3勝5分9敗で勝点を14ポイントしか獲得できていないために、ウィンターブレイク期間中に改革が必要と言えるでしょう。
チームの戦術などを見直して状態を立て直すことが重要で、ドルトムント戦は耐えながら勝機を狙う戦い方になると予想します。

 

シュツットガルトvsレバークーゼン

遠藤航がプレーするシュツットガルトも、ブンデスリーガ1部の上位クラブのレバークーゼンとの対戦となります。
2部で好調を維持して1部昇格を狙うシュツットガルトが、ブンデスリーガ1部で6位のレバークーゼンにどの程度通用するのか見所です。

遠藤個人としても1部リーグのクラブに良いプレーができるかが大切で、好パフォーマンスを見せることを期待したいです。

 

日本人がいる3クラブとも厳しい戦いが予想できますが、カップ戦は一発勝負なので何が起きるかわかりません。
強豪クラブの気の緩みをついて、勝利することも不可能ではないために良い試合を見せてもらいたいですね。

 

放送局



2019-2020シーズンのドイツカップの放映権を持っているのは、インターネット配信サービスのDAZNです。
つまり、地上波やBS、スカパーでの放送はありません。

DAZNはVOD(ビデオ・オンデマンド)の放送局ですので、インターネット配信で試合を中継します。
大画面のテレビで観戦したい場合には、FireStickTVを使用すれば家庭用テレビでも試合を視聴できます。

 

DAZNの月額料金は、税込みで1890円です。
ドコモユーザーの人は、ドコモのアカウントを使用して契約することで月額料金が税込みで1058円になります。

 

DAZNでは初めて申込みをする人ならば、登録日から31日間無料で番組が見れるサービスを行っています。
月のどの時期に登録手続きをしても、その日から31日間にわたって料金が発生しないのでじっくりと試合観戦を体験できます。
無料期間中に解約することも可能で、自分に合わないと判断した場合には気軽に解約ができるので安心です。

 

まとめ

ドイツカップの3回戦が2月からスタートします。
日本人選手も残っているために、見所の多い大会です。

視聴するにはDAZNに加入するしかありませんが、楽しみな対戦カードが多いためにドイツサッカーのファンは見逃さないようにしましょう!