【20-21】DFBポカールの試合日程や放送局の情報まとめ

【20-21】DFBポカールの試合日程や放送局の情報まとめ

ドイツサッカーでは国内リーグ戦のブンデスリーガと並行して、国内カップ戦としてDFBポカールが開催されています。

リーグ戦はビッグクラブしか優勝のチャンスが少ないことに対して、一発勝負で勝敗を決するために以外なクラブにも上位進出の可能性があります。

 

このページでは、20-21シーズンのDFBポカールの試合日程や放送局の情報について記載します。

 

DFBポカールの概要

DFBポカールはドイツサッカー界の国内カップ戦に該当します。

ブンデスリーガ1部と2部に加えて3部の上位4クラブなど、合計64チームで優勝を争います。
1935年から続いている大会ですので、85年間の歴史があります。

 

レギュレーション

ブンデスリーガ1部や2部のクラブも1回戦から登場します。
トーナメント形式の1回戦制で行われます。

 

90分間で勝敗が付かない際には、前後半15分ずつの延長戦をします。
延長戦でも勝負が決まらない時はPK戦で、次のラウンドに進出するチームを決定します。

64チームが参加するために、6回勝利すれば優勝です。

 

日程

【2回戦】

12月22日 26:30 アウグスブルク vs ライプツィヒ
12月22日 26:30 ケルン vs オスナブルック
12月22日 26:30 ホッフェンハイム vs グロイター・フュルト
12月22日 26:30 ウルム1846 vs シャルケ
12月22日 28:00 ブラウンシュバイク vs ドルトムント
12月22日 28:45 ウニオン・ベルリン vs パーダーボルン
12月22日 28:45 エルベルスベルク vs ボルシアMG
12月23日 26:30 シュツットガルト vs フライブルク
12月23日 26:30 ヴォルフルブルク vs ザントハウゼン
12月23日 28:45 レバークーゼン vs フランクフルト
12月23日 28:45 ハノーファー vs ブレーメン
12月23日 28:45 マインツ vs ボーフム
1月13日 28:45 ホルシュタイン・キール vs バイエルン・ミュンヘン

 

【3回戦】

2月2日 26:30 ロートバイス・エッセン vs レバークーゼン
2月2日 28:45 ドルトムント vs パーダーボルン
2月2日 28:45 ブレーメン vs グロイター・フルト
2月3日 26:30 ライプツィヒ vs ボーフム
2月3日 26:30 ヴォルフスブルク vs シャルケ
2月3日 28:45 レーゲンスブルク vs ケルン
2月3日 28:45 シュツットガルト vs ボルシアMG

 
【準々決勝】

4月7日 25:30 レーゲンスブルク vs ブレーメン
3月2日 28:45 ドルトムント vs ボルシアMG
3月3日 26:30 ロートバイス・エッセン vs ホルシュタイン・キール
3月3日 28:45 ライプツィヒ vs ヴォルフスブルク

 
【準決勝】

5月1日 ドルトムント vs ホルシュタイン・キール
5月1日 レーゲンスブルクorブレーメン vs ライプツィヒ

 

参加する日本人選手

所属クラブ

長谷部 フランクフルト
鎌田 フランクフルト
大迫 ブレーメン
遠藤航 シュツットガルト
遠藤渓太 ウニオン・ベルリン
堂安 ビーレフェルト
原口 ハノーファー
室屋 ハノーファー
宮市 ザンクトパウリ

 

ポカールに参加する日本人選手は、1部と2部合わせて9人います。
2020年9月に開催された1回戦では、2部に所属するハノーファーとザンクトパウリ、1部のビーレフェルトは敗退しました。

ビーレフェルト以外のブンデスリーガ1部の日本人選手が所属するクラブは、揃って1回戦を突破しました。

そのためにまだまだカップ戦で日本人選手の活躍が期待できます。

 

最多優勝チーム

 

最多優勝チームは、バイエルン・ミュンヘンの20回です。
18-19シーズン、19-20シーズンとこの大会を2連覇中で、20-21シーズンでは3連覇を狙ってくるでしょう。

 

ブンデスリーガは勿論ですが、19-20シーズンではCL(チャンピオンズリーグ)のタイトルも獲得していてチームとして最高の状態です。
20-21シーズンもバイエルン・ミュンヘンは、3冠を達成するだけの陣容を揃えています。

 

ドイツ国内だけではなく、ヨーロッパ全体でもバイエルン・ミュンヘンから勝利するのは至難の業です。
今大会もバイエルン・ミュンヘンが優勝候補の筆頭と言えるでしょう。

注目ポイント

 

多くの日本人選手が出場

ドイツではカップ戦で主力選手を温存する文化が少ないので、レギュラーを獲得している選手がそのまま今大会に参加する可能性が高いです。
現在ドイツのクラブに所属している日本人選手の多くはクラブで出場機会を得ているために、カップ戦でも試合に出場すると予想できます。

 

フランクフルトでは鎌田大地が契約を延長したばかりですし、大ベテランでレジェンドになっている長谷部にも出場機会が与えられるかも知れません。

 

日本代表でもキーマンになっているブレーメンの大迫や、シュツットガルトの遠藤航もレギュラーを確保しています。

若手選手の中では横浜Fマリノスからウニオン・ベルリンに移籍した遠藤渓太や、
オランダのPSVからビーレフェルトにレンタルされた堂安がどれだけ存在感をアピールできるかが注目です。

 

戦況

20-21シーズンのドイツサッカーでは、名将フリック監督が率いるバイエルン・ミュンヘンをどのように止めるのかがポイントになります。
19-20シーズンのCL準々決勝では、スペインのバルセロナを8-2のスコアで粉砕して全世界に衝撃を与えました。

 

今シーズンのブンデスリーガ第1節でも、シャルケを8-0で下して圧勝しました。
現時点のバイエルン・ミュンヘンはヨーロッパチャンピオンであり、かなりの強さを誇っています。

ドルトムントや昨シーズンのチャンピオンズリーグで躍進を見せたライプツィヒなどが対抗できるかが見どころです。

 

放送局



20-21シーズンのDFBポカールの放映権は、オンデマンド放送局のDAZNが保有しています。

リーグ戦のブンデスリーガの放送はDAZNではなく、スカパーやアマゾンプライムで視聴できます。
従って、リーグ戦とカップ戦の両方を視聴したい場合には、スカパーまたはアマゾンプライムとDAZNに加入する必要があります。

DAZNの月額料金は1750円です。
docomoと契約している人は割引サービスが適用されるので、月額料金が980円になります。

DAZNに初めて加入する人は、最初の1か月間は無料で視聴が可能です。
オンデマンド放送なので、PCやスマホで視聴します。

1か月間の無料期間があるために、自分のPCやスマホでしっかりと試合を観戦できるか確認してから正式に契約することをおすすめします。

 

まとめ

ヨーロッパ各国でサッカーの20-21シーズンが開幕しており、ドイツのカップ戦も始まっています。
バイエルン・ミュンヘンの強さがどこまで続くのかや、日本人選手がどれだけ活躍できるのかを見逃すことはできません。

 

ドイツサッカーに注目している人は、ぜひカップ戦までチェックしましょう。