【2019-2020】エールディビジの日程と放送局情報などまとめ

【2019-2020】エールディビジの日程と放送局情報などまとめ

エールディビジはサッカー・オランダリーグのことで、日本人選手が多くプレーしていることでも知られています。

海外サッカーファンや海外でプレーしている日本人選手を応援したいファンにとって、チェックしておきたいリーグではないでしょうか。

このページでは、エールディビジ(オランダリーグ)の試合日程やテレビ放送の情報などについて記載します。

 

エールディビジとは

エールディビジとは、オランダのプロサッカー1部リーグのことをいいます。
オランダで行われていたサッカーのリーグ戦は1897年から始まっており、約120年近くの歴史を持ちます。

プロリーグの発足は1956-1957シーズンからで、18チームによるホーム&アウェーの総当たり2回戦制で始まりました。

オランダではアヤックスとPSV、フェイエノールトが3強と位置づけられており、1956年からスタートしたリーグ戦のほとんどがこの3クラブのうちのいずれかが優勝しています。

 

3強以外の優勝は2008-2009シーズンのAZ、2009-2010シーズンのトゥエンテが2年連続で達成しました。
ただし、それ以前となると1962-1963シーズンのDWSの優勝まで遡らなければなりません。
それ程3強クラブの影響力が強いリーグと言えます。

 

3強の一角を占めるフェイエノールトでは、小野伸二選手が2001-2005年まで在籍しており、112試合に出場しています。
小野伸二の在籍期間中にフェイエノールトは優勝することはできませんでしたが、UEFAカップのタイトルを手にしました。

 

レギュレーション

発足当初と同様に、18チームによる総当たりのホーム&アウェーの2回制が採用されています。
勝点が同じ場合には、得失点差、総得点の順で順位を決定します。

 

リーグ戦の優勝チームには、翌シーズンのチャンピオンズリーグ・グループステージ出場権が与えられます。
2位チームはチャンピオンズリーグ予選3回戦からの参加資格を獲得します。
3位チームには、ヨーロッパリーグの予選3回戦からの出場権が与えられます。

4位~7位チームはレギュラーシーズンが終了してから、翌シーズンのヨーロッパリーグ出場権をかけたプレーオフを行います。

 

リーグ戦で最下位の18位チームは自動的に降格します。
16位と17位のチームは、2部リーグ(エールステ・ディヴィジ)の1位~8位を含めた昇格プレーオフを戦います。

 

日程

【第18節】

開催日時 対戦カード 放送局
12月21日 27:45 PSV vs ズウォレ NEXT
12月22日 24:45 フィテッセ vs VVVフェンロ ONE

 

※第19節以降の日程は発表次第、追記します。

 

2019-2020シーズンは、2019年8月3日~2020年5月10日までの開催です。
オランダにはウインターブレイクがあるために、12月20日~22日開催の第18節から次節の第19節まで約1か月の休息期間があります。

ただし、並行して開催されているKNVBカップ(国内カップ戦)は行われます。

 

放送局

 

エールディビジの放映権は、CSのフジテレビONE・TWO・NEXTが取得しています。
フジテレビONE・TWO・NEXTは、CS放送のスカパーに属するチャンネルです。

そのために、サッカー・オランダリーグの試合を見るには、スカパーに加入する必要があります。

地上波やBSで試合の中継が行われる予定はありません。

 

CS

フジテレビのCS放送は3チャンネルを保有しており、リーグ戦の試合中継がどのチャンネルで放映されるかはランダムです。
従って、毎節の試合中継を見るためには、フジテレビONE・TWO・NEXTの3チャンネルセットを選択することがおすすめです。



スカパーの公式サイトにアクセスをして、アカウント登録をします。
登録の手続きは数分で完了する簡単なもので、アンテナの取り付け工事をすれば普段見ているテレビで試合の中継を見れます。

インターネット上でアカウントを作成して、マイページ内で見たい番組を選ぶだけで視聴できます。
手続きを完了させてから、30分以内に視聴が可能になります。

スカパーは基本料金が月額あたり429円かかります。
フジテレビONE・TWO・NEXTの3チャンネルセットの月額料金は1500円です。
従って、合計の月額料金は1929円となります。

スカパーには加入の初月料金が無料になるサービスがあります。
初めて登録する人は、手続きを行った最初の月は料金がかからないために費用の心配をしなくても済みます。

 

VOD(ビデオ・オンデマンド)

スカパーはオンデマンドにも対応しており、加入時に登録したIDとパスワードを使用してスカパー!オンデマンドにもログインできます。
新たに登録料は発生しないために、加入者ならば無料でオンデマンド放送を楽しめます。

ネット環境さえあれば、パソコンやスマートフォン、タブレットでいつでもどこでも番組を見ることが可能です。

 

DAZN

DAZNは様々なスポーツ中継をしているインターネット配信サービスです。
DAZNではオランダリーグのハイライト中継を視聴できます。

その他、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、ラリーガ、プレミアリーグなどのサッカーコンテンツが豊富です。
バスケットボールやラグビー、野球などのスポーツ中継もたくさんあります。

 

ハイライトは5分ほどの長さで、フルタイムで試合を視聴できない人に向いています。
ハイライトだけでも見たいという人は、DAZNの加入がおすすめです。

DAZNは登録日から31日間は、お試し期間として無料で番組を見れます。
月のどのタイミングで登録しても、その日から31日間は無料なので1か月間しっかりと体験してから正式契約をするかを決めることができます。

 

最多優勝チーム

 

最多優勝チームはアヤックスで、26回の優勝を達成しています。
昨シーズンも国内リーグ戦とカップ戦のタイトルを手にしており、2冠を達成しました。

最近の国内リーグでは、2010-2011シーズンから2013-2014シーズンまで4連覇した強豪です。

かつてはヨハン・クライフらが在籍したことでも有名で、チャンピオンズカップとチャンピオンズリーグで合計4度の優勝をしている名門クラブです。

 

過去5年間の成績

優勝チーム

2014-2015 PSV
2015-2016 PSV
2016-2017 フェイエノールト
2017-2018 PSV
2018-2019 アヤックス

 

昨シーズンはアヤックスがリーグを制しましたが、4年間は優勝から遠ざかっていたために、タイトルを奪還した形になります。

 

リーグに所属する日本人選手

所属クラブ

堂安 律 PSV
菅原 由勢 AZ
中村 敬斗 トゥエンテ
板倉 フローニンゲン
中山 雄太 ズウォレ
ファン・ウェルメスケルケン・際 ズウォレ
本田 圭佑 フィテッセ

 

オランダでプレーしている日本人選手は以上の7名です。
2019-2020シーズンから、昨シーズンまでフローニンゲンでプレーしていた堂安律が活躍が認められて、名門クラブの一角であるPSVへ移籍を果たしました。

 

PSVはかつて韓国代表であったパク・チソンらを擁して、2004-2005シーズンにはCLベスト4まで勝ち進んだ経験を持つ古豪です。

エールディビジでも通算21回の優勝経験を持つクラブで、2年前の最後の優勝は2017-2018シーズンです。

昨シーズンもリーグ戦の成績は2位で、アヤックスと優勝争いを行っているクラブと言えます。

堂安律はすでに日本代表にも選手されて、ワールドカップ・アジア予選にも出場しています。

 

菅原、中山、板倉はU-23日本代表に選出されており、東京五輪世代です。

 

中村敬斗はガンバ大阪出身の19歳で、技術力のある選手として知られていました。
現在ではU-20の代表選手ですが、トゥエンテで活躍中であるために、東京五輪代表に食い込んでくる可能性があります。

 

ファン・ウェルメスケルケン・際は、所属クラブのズウォレでポジションを獲得しつつある選手です。現在の状態で試合に出続けて活躍すれば、五輪代表に選出されることも考えられます。

 

2019年シーズン開幕時点でフリーだった本田圭佑も、オランダリーグに参戦しており、恩師であったスルツキ監督との繋がりでフィテッセに加入しました。(2019年12月現在、スルツキ監督は成績不振のため解任されました。)

本田が初めて海外リーグに挑戦したのがオランダで、2010年末以来の9年ぶりの復帰となります。

 

板倉(ズウォレ)と本田(フィテッセ)は、完全にはポジションを獲得できていません。

 

日本人選手の成績

【19-20シーズンのスタッツ】

試合数 スタメン 途中出場 ゴール アシスト
堂安 15 13 2 3 1
菅原 13 5 8 2 1
中村 13 13 0 4 1
板倉 18 16 2 0 0
中山 6 6 0 0 0
ファン・ウェルメスケルケン 15 12 3 0 2
本田 4 3 1 0 0

 

注目ポイント

 

注目ポイントは昨シーズンの優勝チームで、チャンピオンズリーグ・ベスト4まで進出を果たしたアヤックスを止めるチームがいるかどうかです。

2019年度終了時点では、アヤックスが勝点44の首位に立っています。
菅原所属のAZが勝点41の2位で、アヤックスとの差は3ポイントです。
ポイント差は3しかありませんが、首位がアヤックスであるために追いつくことは至難の業と言えます。

 

アヤックス、AZ共にヨーロッパリーグの決勝トーナメントに残っているので、日程を乗り切るだけの選手層の厚さも重要です。
その点を考えてもアヤックスが断然有利な状況にあります。

3位のPSVは勝点が34であるために、優勝争いからは脱落したと言って良いでしょう。

 

注目選手

 

注目選手はアヤックスの現役オランダ代表組である、プロメスファン・デベークフェルトマンです。
プロメスはスペインのセビージャでプレーしていましたが、オランダに帰国しました。
ここまで15試合で10得点をマークしており、得点ランキングでも6位に付けています。

ファン・デベークは年齢が22歳で、レアル・マドリードが獲得を狙っているという噂もある選手です。

 

まとめ

エールディビジのフルタイム中継は、スカパーのフジテレビONE・TWO・NEXTが行っています。

日本人選手も多数所属しているリーグですし、ぜひスカパーに加入して試合を楽しんでください。