【無料】第98回高校サッカーのライブ配信をネットで見る方法

【無料】第98回高校サッカーのライブ配信をネットで見る方法

第98回全国高校サッカー選手権は、2019年12月30日に開幕して、決勝戦は2020年1月13日に行われます。

2020年1月4日現在では、準々決勝まで大会は進行しており、いよいよ終盤を迎えています。
全国高校サッカー選手権の放映権は日テレが保有しているために、地上波では日テレでの放送となります。

準々決勝以降は地上波で放送されない試合は、日テレの全国高校サッカー選手権サイトでライブ配信されます。

このページでは、全国高校サッカー選手権のライブ配信情報について記載します。

日テレの専用サイト

日テレのオンデマンド放送サイトでは、1月5日開催の準々決勝の帝京長岡(新潟)vs仙台育英(宮城)と、徳島市立(徳島)vs静岡学園(静岡)の2試合をライブ配信します。

 

 

MOVIEページでは3回戦までのフルマッチ動画の配信もあります。
ただし、全ての試合のフルマッチ動画がインターネット上で見れるわけではないので注意が必要です。

 

確実に準々決勝のライブ配信を視聴できるのはスポナビ

日テレ以外にもスポナビのサイトで、第98回全国高校サッカー選手権の試合の配信が行われています。
スポナビならばライブ配信と見逃し配信の両方を、インターネット上で視聴できます。

1回戦からの全ての試合の見逃し視聴が可能となっているので、贔屓の高校があって見ることができなかった人でも安心です。
準々決勝から決勝戦まで、大会の残り試合の全てをライブ配信と見逃し配信するために、パソコンやスマートフォンがあれば無料で視聴が可能です。

 

日テレで地上波放送が予定されている試合の中継も、スポナビで見ることができるので、テレビよりもオンデマンドで見たい人におすすめです。
インターネット放送なので場所に関係なく、好きなところで視聴できる点が大きなメリットです。

日テレ系列でも全国のテレビ局の中にはライブで放送していない局もあるでしょう。
また、日テレの大会サイトでは、インターネット放送の予定も地上波と同じ対戦カードとなっており、
優勝候補の筆頭である青森山田(青森)vs昌平(埼玉)の試合を見ることができません。

スポナビならば青森山田(青森)vs昌平(埼玉)と、矢板中央(栃木)vs四日市中央工(三重)の2試合ともに、キックオフの時間どおり12時5分より配信が開始されます。

準々決勝を勝ち上がったベスト4の対戦も、1月11日12時5分からの第1試合と、14時20分からの第2試合は見逃し配信のみとなります。
準決勝と決勝は地上波でライブ放送があるために、そちらで見たほうが良いでしょう。

万が一、リアルタイムでテレビ観戦ができなかったときには、スポナビで見逃し放送を見ることができます。

 

ベスト8チームのここまでの結果

【青森山田】

2回戦 青森山田 6-0 米子北(鳥取)
3回戦 青森山田 4-1 富山第一(富山)

 

【昌平】

2回戦 昌平 2-0 興国(大阪)
3回戦 昌平 1-0 國學院久我山(東京)

 

【矢板中央】

1回戦 矢板中央 2-2

6-5(PK)

大分(大分)
2回戦 矢板中央 2-1 大手前高松(香川)
3回戦 矢板中央 2-0 鵬学園(石川)

 

 

【四日市中央工】

1回戦 四日市中央工 3-1 日大明誠(山梨)
2回戦 四日市中央工 2-1 松本国際(長野)
3回戦 四日市中央工 3-3
4-3(PK)
日章学園(宮崎)

 

【帝京長岡】

2回戦 帝京長岡 3-0 熊本国府(熊本)
3回戦 帝京長岡 5-0 神戸弘陵(兵庫)

 

【仙台育英】

1回戦 仙台育英 1-1

3-0(PK)

五條(奈良)
2回戦 仙台育英 1-0 高川学園(山口)
3回戦 仙台育英 0-0

9-8(PK)

日大藤沢(神奈川)

 

【徳島市立】

2回戦 徳島市立 0-0
4-3(PK)
尚志(福島)
3回戦 徳島市立 1-0 筑陽学園(福岡)

 

【静岡学園】

1回戦 静岡学園 6-0 岡山学芸館(岡山)
2回戦 静岡学園 3-0
5-3(PK)
丸井(福井)
3回戦 静岡学園 2-0 今治東(愛媛)

8校中4校が1回戦から出場しており、ここまで3試合を戦って勝ち上がってきました。
2回戦から登場したチームと比較すると、疲労は大きいことが予想できます。

また、8校中5校がPK戦を経験しているために、PKまで試合がもつれていない青森山田と昌平、帝京長岡が体力的には有利な状況にあります。
準々決勝では青森山田と昌平が対戦するので、楽しみな勝負になることを期待したいです。

PK戦を経て勝ち上がってきているチームが多いことから、実力差の無い拮抗した相手に勝利してきたチームがほとんどと言えるでしょう。
その中で大きな点差で勝ち上がっている青森山田が、やはり優勝候補と言えるでしょうか。

 

まとめ

大会もベスト8が出そろい、いよいよ佳境です。

ここまでは青森山田の強さが光る大会となっていますが、一発勝負なのでここまでに波乱が起きているように、最後まで何が起きるかわからない点も高校サッカーの魅力です。

順当に青森山田が優勝するのか、それを阻むチームが現われるのか見所ですね。