サッカー日本代表のオランダ遠征の日程や放送局情報

サッカー日本代表のオランダ遠征の日程や放送局情報

サッカー日本代表は2019年12月に行った東アジア選手権以来、約10か月ぶりに国際Aマッチを戦います。

今回の代表戦はオランダ遠征となり、カメルールとコートジボアールと対戦します。

 

このページでは、サッカー日本代表のオランダ遠征の試合日程や放送局の情報を記載します。

 

日程

10月9日 21:00 日本 vs カメルーン
10月13日 23:45 日本 vs コートジボアール

 

カメルーン戦の日程は10月9日、コートジボアール戦の日程は10月13日です。

開催地はオランダのユトレヒトです。
 

日本代表選手

 

選手名 所属クラブ
GK 川島 ストラスブール(フランス)
権田 ポルティモネンセ(ポルトガル)
シュミット・ダニエル シントトロイデン(ベルギー)
DF 酒井宏樹 マルセイユ(フランス)
室屋 ハノーファー(ドイツ2部)
菅原 AZ(オランダ)
安西 ポルティモネンセ(ポルトガル)
吉田 サンプドリア(イタリア)
冨安 ボローニャ(イタリア)
植田 セルクル・ブルージュ(ベルギー)
板倉 フローニンヘン(オランダ)
MF 伊東 ヘンク(ベルギー)
原口 ハノーファー(ドイツ2部)
三好 アントワープ(ベルギー)
堂安 ビーレフェルト(ドイツ)
遠藤航 シュツットガルト(ドイツ)
FW 柴崎 レガネス(スペイン2部)
中山 ズウォレ(オランダ)
久保建英 ビジャレアル(スペイン)
鎌田 フランクフルト(ドイツ)
南野 リヴァプール(イングランド)
FW 大迫 ブレーメン(ドイツ)
鈴木武蔵 ベールスホット(ベルギー)

※2020年10月6日現在

 

注目ポイント

 

欧州組のみの人選

今回のオランダ遠征ではJリーグ組の参加はなく、欧州のクラブに所属している選手のみで構成されます。
日本からは遠方の地での試合になりますし、Jリーグやカップ戦などの過密日程に配慮した選択と言えます。

 

選手のコンディションは日々変わっていきますし、現時点での状況確認が趣旨となるでしょう。
所属クラブで出場機会を得られていない中島翔也などは選出を見送られました。

 

パルチザン(セルビア)所属の浅野や、ロストフ(ロシア)所属の橋本は国の規定により参加はできません。
ブレーメン(ドイツ)所属の大迫は、クラブ側の要請によってカメルーン戦のみの出場となりそうです。

 

選出当初ではウエスカ(スペイン)の岡崎とマルセイユ(フランス)の長友は選ばれていましたが、負傷のため代表を辞退しました。

 

森保監督は限られた戦力で試合を行うことを余儀なくされており、どのような采配をするのか注目ポイントです。
 

対戦国の事情

対戦国のカメルーンはFIFAランキング53位、コートジボアールは60位です。
日本のFIFAランキングは28位ですのでランキング上は格下と呼べますが、選手のクオリティは両チーム共に欧州組を多数擁しており強豪と言って良いでしょう。

 

当初2021年に予定されていたアフリカネイションズカップは、2022年1月に延期されました。
カメルーンはアフリカネイションズカップの予選を突破しており、本大会に向けての準備と言えます。
コートジボアールは予選敗退したために、次の目標はワールドカップ予選となります。

 

対戦相手の戦力

カメルーン代表は24名中5名がフランスのクラブから選出されています。
フランス以外ではスペイン、イングランド、ドイツなどの欧州トップリーグの選手やベルギーのクラブに所属している選手も多いです。

総合的にバランスの取れたチームと言えるでしょう。

 

コートジボアールもフランスのクラブ所属の選手が多いですが、プレミアリーグのビッグクラブ所属のバイリー(マンチェスター・ユナイテッド)やオーリエ(トッテナム)らも招集されました。
クリスタルパレスのザハやACミランのケシエも招集されていて、タレント揃いのチームです。
 

その他の事情

日本が国際親善試合を行うにあたって、対戦国選びに色々な支障があります。
ヨーロッパ各国では親善試合の意義を高めるために、2018年からUEFAネーションズリーグを開始しました。
この大会が始まったことにより、ヨーロッパの代表チームと親善試合を組むことが難しくなりました。

 

また、南米では2022年ワールドカップの予選が始まります。
ワールドカップ南米予選は10か国の総当たり戦で行われるために、予選の期間は約2年間になります。

ワールドカップ南米予選は10月9日からスタートするので、今回の日本代表のオランダ遠征と日程が重なってしまうために行うことはできません。

 

必然的に日本の国際親善試合の対戦相手はアフリカかアジアの中から選ぶしかありません。

 

放送局

 

サッカー日本代表のオランダ遠征2試合は、地上波でテレビ放送が行われます。

カメルーン戦は日本テレビ系列、コートジボアール戦はTBS系列で全国放送されます。
 

まとめ

久しぶりの日本代表の試合なので、楽しみにしたいところです。

様々な制限の下での試合開催となりますが、国際試合を再開できることを喜びながら応援することにしましょう。