【久保建英】新加入先のヘタフェの試合日程や放送局の情報

【久保建英】新加入先のヘタフェの試合日程や放送局の情報

20-21シーズン前半はビジャレアルに加入していた久保建英が、冬の期間中にヘタフェに移籍しました。

ビジャレアルを退団する意向を示していた久保と、攻撃陣の改革をしたいヘタフェの思惑が一致した移籍と言えます。

 

このページでは、20-21シーズン後半のヘタフェの試合日程や放送局の情報などを記載しています。

 

ヘタフェとは

創設年度は1946年なので、他のリーガのクラブと比較すると歴史は浅いです。
初めてラリーガ1部に昇格したのは、2004-2005シーズンで設立してから60年近くかかってようやく1部での挑戦を果たしました。

 

初昇格をしてから11年間は1部に残留し続けましたが、2015-2016シーズンの順位が19位に終わって2部に降格しました。
しかし、翌シーズンには2部で3位の成績を収めて、1年で再昇格を達成しています。

 

そのためにここ15年間では1シーズンしか2部を経験しておらず、ほとんどを1部で過ごすことに成功しているクラブです。

 

マドリード州にあるチームで、同じ州の名門クラブのレアル・マドリードやアトレティコ・マドリードと良好な関係を築いている点も特徴です。

 

日程

第18節 1月10日 26:30 vs エルチェ
第19節 1月20日 27:00 vs ウエスカ
第20節 1月25日 29:00 vs ビルバオ
第21節 1月31日 22:00 vs アラベス
第22節 2月6日 29:00 vs セビージャ
第1節 2月9日 29:00 vs レアル・マドリード
第23節 2月14日 22:00 vs ソシエダ
第24節 2月19日 29:00 vs ベティス
第25節 2月27日 29:00 vs バレンシア
第26節 3月6日 22:00 vs バジャドリッド
第27節 3月13日 29:00 vs アトレティコ・マドリード
第28節 3月21日 22:00 vs エルチェ
第29節 4月5日 25:30 vs オサスナ
第30節 4月10日 21:00 vs カディス
第31節 4月21日 vs バルセロナ
第32節 4月25日 vs ウエスカ
第33節 4月28日 vs レアル・マドリード
第34節 5月2日 vs ビジャレアル
第35節 5月9日 vs エイバル
第36節 5月12日 vs セルタ
第37節 5月16日 vs レバンテ
第38節 5月23日 vs グラナダ

 

2021年の最初の試合は1月2日でした。
20-21シーズンの日程は5月23日までです。

国王杯は2回戦で敗退しました。

 

過去5年間の成績

リーグ戦 カップ戦
2015-2016 19位 ベスト32
2016-2017 2部・3位 2回戦
2017-2018 8位 ベスト32
2018-2019 5位 ベスト8
2019-2020 8位 ベスト32

 

過去5年間の成績では2015-2016シーズンに2部降格をしたものの、再昇格してからの直近3シーズンは1桁順位の結果を残しました。
決して大きくないクラブとしては、最近3年間はかなりの好成績と言えます。

 

しかし、20-21シーズンの前半戦では16試合を消化して16位と低迷しており、残留争いを強いられています。
降格圏内の18位のエルチェとは勝点差が1ポイントしかないために、後半戦は1つでも多くの勝点を稼ぐ必要があります。

 

注目ポイント

 

攻撃陣の改革

20-21シーズンのヘタフェの総得点は12点と、ラリーガ1部で最小です。
得点ランキングでトップのジェラール・モレノは1人で10点(2021年1月現在)を叩き出しているので、チーム全体で12点は寂しい数字です。

 

チーム内の得点王はFWのアンジェル・ロドリゲスで4点です。
チームの最大の課題は得点力で攻撃陣の刷新は急務と言えるでしょう。

久保建英はマジョルカ時代にも残留争いを経験していますし、攻撃力をアップさせたいクラブ側の考えと一致した補強と言えます。

 

チームの補強ポイントも右サイドの攻撃的選手であったために、久保建英の得意なポジションと重なります。
残留争いから一歩抜け出すための獲得なので、積極的に起用されると予想できます。

 

前所属のビジャレアルではウナイ・エメリ監督の起用法や戦術的な問題、ライバル選手との競争などによって出場機会を減らしていました。
ビジャレアルでは監督からの信頼も薄く感じられたために、移籍して出場機会を増やすのは悪い判断では無いでしょう。

 

順位の上昇に貢献できるか

ラリーガの下位10チームのポイント差はほとんど無く、10位のカディスとも3ポイント差です。
少し連勝することができれば、順位を一気に引き上げることが可能なのでチームの成績の向上に直結する活躍が望まれます。

 

攻撃的な選手なので、ゴールやアシストといった数字にこだわってプレーすることも重要と言えます。

昨シーズンからラリーガでの経験も積んでいますし、ビジャレアルでも完全に試合から遠ざかっていたわけではないために即戦力として考えられていることでしょう。

 

放送局

 

ヘタフェが所属するラリーガ1部の試合は、DAZNWOWOWで放送されています。

DAZNとWOWOWの違いは、DAZNは1部しか見られないことに対してWOWOWは2部の放送も行っている点です。

 

DAZNはラリーガ1部の全試合を放送するので、確実に視聴できる安心感があります。
WOWOWでは数試合ずつピックアップしての中継になるために、放送予定を確認したほうが良いでしょう。

ラリーガ2部のレガネスには日本代表の柴崎が所属しているために、2部もチェックしたい人にはWOWOWをおすすめします。




DAZNの月額料金は1980円です。
オンラインでの放送になるので、ネット環境が整っていればパソコンやスマートフォンで視聴が可能です。




WOWOWの月額料金は2300円です。
WOWOWにはメンバーズオンデマンドのサイトがあって、加入の手続きを完了させてからオンデマンド登録も行うことでネットで試合観戦ができます。

 

まとめ

20-21シーズン後半戦の久保建英の所属先がヘタフェに決定しました。
ビジャレアル時代と比べて出場機会が増える期待ができるために、より一層プレーを楽しみにしている人に朗報です。

ラリーガ1部の試合にたくさん出場して、成長する姿を目に焼き付けましょう。