【2020年】ルヴァンカップの日程や組み合わせ、放送情報まとめ

【2020年】ルヴァンカップの日程や組み合わせ、放送情報まとめ

日本サッカーには国内リーグ戦のJリーグの他に、カップ戦が2つ存在します。
国内サッカーのカップ戦にはルヴァンカップと天皇杯があり、その2つの大会を戦いながらリーグ戦も進めていきます。

このページでは、ルヴァンカップのグループステージの組み合わせや日程、放送局の情報などをお伝えします。

2月の段階の発表で、2月下旬から4月上旬の試合を延期が決定していました。
その後の日本国内の状況を鑑みて、Jリーグは新たな再延期を決めたために、ルヴァンカップに関しても5月6日までの試合を休止する発表を行いました。
代替日程は公表されてはいないため、情報が入ってきた段階で追記する予定です。グループステージ第2節は8月5日より再開することが決まりました。

 

ルヴァンカップとは

ルヴァンカップはJリーグカップとも呼ばれ、スポンサーによって名称が変わります。
かつてはヤマザキナビスコの名称で行われていた時代もあり、2016年の決勝トーナメントから現在の名前が使われるようになりました。

Jリーグカップ自体はJリーグが発足した1992年に設立されました。
従って、2020年大会で28年目を迎えます。

2020年大会は20チームで行われます。

 

レギュレーション

グループステージに参加する16チームを4つのグループに4チームずつ分けて、ホーム&アウェーの総当たりで2回ずつ試合をします。
ACLのグループステージに進出するクラブ数によって、J1チームとJ2チームの参加数が変わります。

 

4つのグループそれぞれの上位2チームが、ホーム&アウェーの2回戦制のトーナメント(ノックアウトステージ)に進出します。

 

トーナメント(ノックアウトステージ)では2試合の勝利数が多いほうが次のラウンドに勝ち上がります。
勝敗が同じ場合には2試合合計の得失点差、アウェーゴール数の順で勝ち上がるチームを決めます。
得失点差もアウェーゴール数も同じときには、第2戦の90分間が終了した後に延長戦をします。
それでも勝敗が付かない際には、PK戦で次のラウンドに進出するチームを決定します。

 

トーナメント1回戦から準々決勝までは全てホーム&アウェーの2試合制ですが、決勝戦だけは1試合です。

 

2020年大会のレギュレーション

 

2020年大会に限り、グループステージのレギュレーションが1回戦総当たりに変更されました。
従って、グループステージでは3試合のみで準々決勝に進出するチームが決まります。
それぞれのチームが3試合ずつ行って、勝点が1位の4チームと2位の1チームが準々決勝に駒を進めます。

ACLグループステージ出場権を持つクラブである横浜Fマリノスとヴィッセル神戸は、無条件で準々決勝(プライムステージ)からの参加です。

ACLのプレーオフを戦うFC東京と鹿島アントラーズも、ACLのグループステージに進出すれば準々決勝(プライムステージ)から出場となります。
反対にプレーオフで敗退した際には、この大会のグループステージから参加します。

 

グループステージを勝ち抜いた5チームと、シードされていた3チームを加えて1試合制の準々決勝を行います。
準決勝と決勝も1試合制となります。

 

全てのステージで、21歳以下の選手を1人以上先発メンバーに入れるルールが適用されます。

 

グループステージの組み合わせ

グループA 名古屋グランパス、鹿島アントラーズ、清水エスパルス、川崎フロンターレ
グループB 浦和レッズ、ベガルタ仙台、セレッソ大阪、松本山雅
グループC サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌、サガン鳥栖、横浜FC
グループD ガンバ大阪、大分トリニータ、湘南ベルマーレ、柏レイソル

 

1月16日にグループステージの組み合わせが発表されました。
グループAとグループBの正式な組み合わせは、ACLの予選が終わり次第決定します。

 

※ 1月29日追記

ACLプレーオフでFC東京が勝利、鹿島アントラーズが敗戦する結果となりました。
この結果を受けて、FC東京はシードされて準々決勝からの参加が決まりました。

鹿島アントラーズはグループリーグからのスタートで、A組に入ります。
J2からの参加は1クラブのみとなり、松本山雅がB組に入ることが決定です。

 

日程

【第1節】

開催日時 対戦カード
2月16日 14:00 川崎フロンターレ vs 清水エスパルス
2月16日 14:00 名古屋グランパス vs 鹿島アントラーズ
2月16日 14:00 浦和レッズ vs ベガルタ仙台
2月16日 14:00 横浜FC vs サンフレッチェ広島
2月16日 14:00 サガン鳥栖 vs 北海道コンサドーレ札幌
2月16日 15:00 セレッソ大阪 vs 松本山雅
2月16日 15:00 湘南ベルマーレ vs 大分トリニータ
2月16日 15:00 ガンバ大阪 vs 柏レイソル

 

【第2節】

8月5日 19:00 名古屋グランパス vs 清水エスパルス
8月5日 19:00 セレッソ大阪 vs 浦和レッズ
8月5日 19:00 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌
8月5日 19:00 湘南ベルマーレ vs 柏レイソル
8月5日 19:00 サガン鳥栖 vs 横浜FC
8月5日 19:00 大分トリニータ vs ガンバ大阪
8月5日 19:00 鹿島アントラーズ

vs

川崎フロンターレ

 

【第3節】

8月12日 19:00 川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス
8月12日 19:00 清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ
8月12日 19:00 セレッソ大阪 vs ベガルタ仙台
8月12日 19:00 横浜FC vs 北海道コンサドーレ札幌
8月12日 19:00 サンフレッチェ広島 vs サガン鳥栖
8月12日 19:00 柏レイソル vs 大分トリニータ
8月12日 19:00 ガンバ大阪 vs 湘南ベルマーレ

 

【準々決勝】

9月2日 19:00 北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜Fマリノス
9月2日 19:00 FC東京 vs 名古屋グランパス
9月2日 19:00 セレッソ大阪 vs 柏レイソル
9月2日 19:00 ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ

 

【準決勝】

10月7日 19:00 横浜Fマリノス vs 柏レイソル
10月7日 19:00 川崎フロンターレ vs FC東京

 

【決勝】

1月4日 14:35 柏レイソル vs FC東京

 

グループステージの日程は2月16日~5月6日です。
J1リーグの開幕戦が2月21日ですので、リーグ戦よりも5日早く始まります。

8月5日からグループステージ第2節の再開が決定しており、ホーム&アウェー形式から1回戦総当たり制に変更されました。

準々決勝は9月2日準決勝は10月7日です。

決勝戦は11月7日に行われます。

 

最多優勝チーム

優勝

 

最多優勝チームは鹿島アントラーズで、6回前身のナビスコカップ時代から合わせて、Jリーグカップのタイトルを獲得しています。
最後に優勝したのは2015年大会です。

 

2番目に優勝回数が多いクラブは東京ヴェルディですが、J2に属しているために2020年大会には出場できません。
3番手以降は2回優勝したクラブが複数存在していて、出場資格を得たクラブならばタイトルを獲得するチャンスが多い大会と言えます。

 

過去5年間の決勝戦

優勝 スコア 準優勝
2015年 鹿島アントラーズ 3-0 ガンバ大阪
2016年 浦和レッズ 1-1
5-4(PK)
ガンバ大阪
2017年 セレッソ大阪 2-0 川崎フロンターレ
2018年 湘南ベルマーレ 1-0 横浜Fマリノス
2019年 川崎フロンターレ 3-3

5-4(PK)

北海道コンサドーレ札幌

 

過去5年間の優勝タイトル獲得チームは、全て別のチームです。

1992年に開催されて以降、連覇したチームは1992~1995年の東京ヴェルディ(当時はヴェルディ川崎)と、2011年、2012年に優勝した鹿島アントラーズの2クラブしかありません。

昨年度は川崎フロンターレが優勝しましたが、連覇するのが難しい大会と言えるでしょう。

 

過去5年間で複数回決勝戦まで勝ち上がったのは、川崎フロンターレとガンバ大阪の2チームです。
ガンバ大阪は2度とも決勝で敗退したために、タイトル獲得はできませんでした。

どのクラブにも優勝のチャンスがある大会なので、リーグ戦で仮に下位に沈んでいても、リーグカップを勝ち抜くことでタイトルを獲得できる可能性があります。

 

注目ポイント

注目

 

成熟した横浜Fマリノス

やはり2019年にJリーグを制した横浜Fマリノスが優勝候補と言えるでしょう。
オーストラリア代表監督の経歴を持つポステコグルー体制になって2年でJリーグを制する結果を出しました。
獲得する外国人も運営側が組織的に調査しているために、ポステコグルー監督の意図を十分に理解した選手が加入している印象があります。

ACLにも参加するために過密日程になることも考えられますが、準々決勝から参加できるアドバンテージは大きいです。

 

初タイトルを獲得して勢いに乗るヴィッセル神戸

同じようにACLのグループステージから参加することで、準々決勝から出場するヴィッセル神戸もタイトルを狙ってくるでしょう。

イニエスタやフェルマーレンなどの経験と実力を持つ外国人を中心に、日本代表クラスの選手も揃えています。
元ドイツ代表のポドルスキの動向が気になるところではありますが、仮に退団したとしても新たな大物の外国人選手を補強する噂も流れています。
豊富な戦力で複数の大会を勝ち抜く力を付けてくることは十分にあり得ます。

 

厳しい日程になる鹿島が勝ち上がれるか

毎年のように何らかのタイトル争いに関わってくる鹿島アントラーズも注目クラブですが、今年の元旦まで天皇杯決勝戦を戦いました。
そして、2020年シーズンはACLプレーオフに参加しなければならないために、休息期間がほとんどないままに新チームの準備をして、公式戦の始動は1月下旬からとなります。

過酷な日程をこなす必要があるシーズンとなるために、リーグカップの優勝争いに関われるかは不明な状態です。

 

放送局

放送局

 

ルヴァンカップの決勝戦は毎年地上波放送があり、フジテレビ系列で生中継されます。
決勝戦以外の試合の放映権はスカパーが保有しているので、CSに加入する必要があります。

 

CS




グループステージから準決勝まで、スカパーのスカチャンやスパサカ、フジテレビONE・TWOなどのチャンネルで放送があります。
従って、スカパーの中でもサッカーセットを選択して契約することで、グループステージから試合を視聴できます。

 

スカパーサッカーセットでは、天皇杯やユースの試合も見ることができます。
海外サッカーのブンデスリーガやベルギーリーグ、ポルトガルリーグ、セリエA、FAカップなどの視聴も可能です。

 

アンテナを付ければ家庭用テレビで試合観戦が行えますし、スカパーオンデマンドにも加入することでパソコンやスマートフォンでも見れます。
オンライン上で手続きを行うことが可能なので、まずはスカパーのサイトで基本情報を入力すれば加入できます。
その後にスカパーオンデマンドの公式サイトへ行くことで、オンデマンドで放送を楽しめます。

 

スカパーでは初めての利用者向けサービスとして、初月無料で番組を視聴できます。
登録手続きを済ませた最初の月の期間は料金がかかりませんので、お得なサービスと言えるでしょう。

 

まとめ

ルヴァンカップは国内カップ戦の1つで、2020年大会は2月から始まります。
リーグ戦だけではなく、カップ戦もしっかりとチェックしたい人はスカパーに加入することで試合を見ることが可能です。

Jリーグのクラブで贔屓のチームがあるのであれば、カップ戦も含めて応援することをおすすめします。