【2019-2020】マドリードダービーの日程や放送局の情報まとめ

【2019-2020】マドリードダービーの日程や放送局の情報まとめ

スペインの首都であるマドリード市には、いくつかのサッカーのクラブチームがあります。

その中でも長年ラリーガ1部に所属しているレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの対戦を、マドリードダービーと呼んでおり熱い戦いが行われています。

 

このページでは、2019-2020シーズンのマドリードダービーの日程や放送局の情報について記載していきます。

 

マドリードダービーとは

マドリードダービーとは複数存在しているマドリード市のクラブの中でも、レアル・マドリードvsアトレティコ・マドリードの試合のことを表します。

レアル・マドリードは1902年に創設されたクラブで、アトレティコ・マドリードは1903年です。

 

つまり、この2つのクラブはほとんど同じ時期に作られたために対戦回数が多いと言えます。

 

レアル・マドリードは創設以来ラリーガ1部(スペイン1部)から2部へ降格した経験が1度もありません。

ラリーガ1部で2部に降格した経験の無いクラブは、2020年現在ではレアル・マドリードとバルセロナ、アスレティック・ビルバオの3つのみです。

 

一方でアトレティコ・マドリードは、2011年に現役時代にも同クラブで選手としてプレーした経験のあるアルゼンチン人のディエゴ・シメオネ監督が就任するまで、長きに渡って低迷期がありました。

2010年代に入ってシメオネ監督になってから急速に力を付けてきたクラブですが、それ以前は2部の経験もあります。

 

2011年にはラリーガ1部で5位に入る躍進を見せて、欧州カップ戦のヨーロッパリーグで優勝しました。

シメオネ体制2年目にはリーグ戦で3位の成績を収め、国内カップ戦のコパデルレイを制覇、3年目の2012-2013シーズンにはラリーガ1部で優勝しています。

 

従って、歴代の対戦成績では圧倒的にレアル・マドリードが優勢ですが、近年では実力差の無い拮抗した試合を見ることができます。

 

日程

【スーペルコッパ・決勝】

開催日時 対戦カード
1月12日

27:00

レアル・マドリード

vs

アトレティコ・マドリード

 

【ラリーガ1部】

開催日時 対戦カード
2月1日

24:00

レアル・マドリード

vs

アトレティコ・マドリード

 

2019-2020年シーズンのリーグ戦の日程では、両クラブの試合は2019年9月28日の第7節と、2020年2月1日に予定されています。

第7節の対戦はアトレティコ・マドリードのホームであるワンダ・メトロポリターノで行われて、0-0の引分けに終わりました。

 

レアル・マドリードホームのサンティアゴ・ベルナベウでの試合日程は2月1日です。

 

スーペルコッパ(スペインスーパーカップ)でお互いが準決勝を勝ち抜いたために、決勝戦でのマドリードダービーが実現しました。

そのために今シーズンはリーグ戦の2試合だけではなく、スーペルコッパ決勝でも見ることができます。

スーペルコッパ決勝は、中立地のサウジアラビアでの開催です。

 

その他にもチャンピオンズリーグで両クラブともグループリーグを突破して決勝トーナメントに進出していますし、

コパデルレイもあるためにさらにダービー戦が増える可能性があります。

 

歴代の通算成績

大会

レアルマドリード勝利

引分け

アトレティコ・マドリード勝利
ラリーガ 83 34 40
コパデルレイ 17 12 17
UEFA主催試合 3 1 1

 

国内リーグではアトレティコ・マドリードの低迷期が長かったために、レアル・マドリードが大きく勝ち越しています。

ただし、国内カップ戦のコパデルレイでは歴代成績では互角です。

UEFA主催の大会でも対戦する機会が増加しており、2018年のUEFAスーパーカップでは延長戦の末に4-2でアトレティコ・マドリードが勝利を収めました。

 

チャンピンオンズリーグでは2013-2014シーズンと、2015-2016シーズンの2度にわたって決勝戦で対戦しました。
CL決勝戦では2度とも、レアル・マドリードが勝利してタイトルを獲得しています。
2014-2015シーズンでは準決勝で、2016-2017シーズンでは準決勝で対戦が実現しました。

 

過去5年間の成績

ホーム スコア アウェー
2014-2015 第3節 レアル・マドリード 1-2 アトレティコ・マドリード
2014-2015 第22節 アトレティコ・マドリード 4-0 レアル・マドリード
2015-2016 第7節 アトレティコ・マドリード 1-1 レアル・マドリード
2015-2016 第26節 レアル・マドリード 0-1 アトレティコ・マドリード
2015-2016 UCL・決勝 レアル・マドリード 1-1
PK(5-3)
アトレティコ・マドリード
2016-2017 第12節 アトレティコ・マドリード 0-3 レアル・マドリード
2016-2017 第31節 レアル・マドリード 1-1 アトレティコ・マドリード
2016-2017 UCL・準決勝 1stレグ レアル・マドリード 3-0 アトレティコ・マドリード
2016-2017 UCL・準決勝 2ndレグ アトレティコ・マドリード 2-1 レアル・マドリード
2017-2018 第12節 アトレティコ・マドリード 0-0 レアル・マドリード
2017-2018 第31節 レアル・マドリード 1-1 アトレティコ・マドリード
2018 UEFA・スーパーカップ アトレティコ・マドリード 4-2 レアル・マドリード
2018-2019 第7節 レアル・マドリード 0-0 アトレティコ・マドリード
2018-2019 第23節 アトレティコ・マドリード 1-3 レアル・マドリード
2019-2020 第7節 レアル・マドリード 0-0 アトレティコ・マドリード

 

リーグ戦のみの結果では、2016-2017シーズンの2戦目から2018-2019シーズンの1戦目まで、4試合連続で引分けの結果でした。

過去5年間の対戦ではレアル・マドリード側からみて、3勝5分5敗ですので、アトレティコ・マドリードの方が優勢です。

2015-2016シーズンのチャンピンオンズリーグ決勝戦ではPK戦までもつれる勝負となりましたし、2018年のUEFAスーパーカップでも延長戦で決着が付きました。

 

近年ではどちらが勝ってもおかしくない勝負が繰り広げられています。

 

注目ポイント

 

レアル・マドリードは2シーズン前までクリスティアーノ・ロナウドがエースとして君臨していました。

それ以外にも毎年大型補強を行っているために、高いチーム力を維持しています。

 

反対にアトレティコ・マドリードはシメオネ監督の指揮の下、戦力を引き抜かれながらもチーム力を高く保つことに成功しているクラブです。

2019-2020年シーズンも、前年度までエース格としてチームに貢献してきたグリーズマンがバルセロナに引き抜かれました。

しかし、2020年1月現在でラリーガ1部の順位は3位をキープしており、首位のバルセロナ、レアル・マドリードに勝点5ポイント差の位置にいます。

 

主力を失いながらも戦術面で上回ることで、2019-2020シーズンも逆転優勝を狙える順位にいることがアトレティコ・マドリードの強さを物語っていると言えるでしょう。

 

ヨーロッパの大会で対決する際にも90分で決着が付かないことが多く、均衡した勝負を見られる点が注目できるポイントです。

 

放送局

 

両者の対戦はラリーガ1部と、スーペルコッパ決勝戦で行われることが決定済みです。

これらの大会を視聴できるのは、BS放送のWOWOWです。

 

また、決定しているわけではないですが、チャンピンオンズリーグやコパデルレイでも対戦する可能性を残しています。

 

WOWOW



WOWOWはBSアンテナが設置されていれば、インターネット上から加入することで視聴できます。

普段使っている家庭用テレビで見ることが可能で、登録に時間がかかることはありません。

 

WOWOWの月額料金は2530円(税込)です。

 

VOD(ビデオ・オンデマンド)にも対応していて、加入の手続きが完了すれば無料でWOWOWメンバーズオンデマンドにも登録できます。

WOWOWメンバーズオンデマンドの登録を行うことで、パソコンやスマートフォン、タブレットでも試合観戦が可能になります。

必ずテレビで視聴する必要はなく、好きな時に好きな場所で試合を楽しめる点がメリットです。

 

スカパー経由




スカパーを経由して加入することも可能で、その場合にはスカパー基本料金が月額429円かかります。

合計で約3000円の月額料金となりますが、今までスカパーに加入した経験の無い人ならば初月の料金が無料になります。

初めてスカパーの申し込みをする人であれば、スカパー経由でWOWOWに加入することで最初の月の料金を支払わずに済むのでお得です。

スカパーもオンデマンド登録することで、スマートフォンやパソコンで試合観戦できます。

 

DAZN




DAZNはラリーガ1部とコパデルレイ、チャンピンオンズリーグの放映権を取得しています。

スーペルコッパの放送はWOWOWで行われていますが、ラリーガでの対戦や国内カップ戦、欧州の大会で対戦した場合を考えるとDAZNにも加入することがおすすめです。

 

DAZNはスポーツ専門のインターネット配信サービスですので、基本的には家庭用テレビで視聴するわけではなく、パソコンやスマートフォンで試合を見る人向けです。

インターネット環境が整っていれば問題なく試合観戦を楽しめます。

 

DAZNの月額料金は1890円(税込)です。

ドコモユーザーであれば、docomoのアカウントを使用して登録することも可能で、割引サービスが適用されて月額料金が1098円(税込)になります。

 

DAZNにも無料サービスがあり、初めて登録する人はその日から31日間の無料体験期間があります。

無料期間中に解約することもできますので、自分に合わないと感じたときには体験期間のうちに解約すれば料金を支払わなくて済みます。

 

 

まとめ

マドリードダービーの日程や放送局の情報について記載してきました。

今シーズンはスーペルコッパ決勝での対戦も決まったために、リーグ戦と共に楽しみたい人はWOWOWを選ぶことがおすすめです。

 

コパデルレイやチャンピオンズリーグで対決することも想定するのであれば、DAZNにも加入しておいたほうが良いでしょう。

実力が拮抗している両者の試合なので、1試合でも見逃せないことは間違いありません