【2019-2020】オランダカップの試合日程や放送局の情報まとめ

【2019-2020】オランダカップの試合日程や放送局の情報まとめ

欧州サッカーに関心を持っている人は、国内リーグ戦のみならずカップ戦も気になるのではないでしょうか。
近年、日本人選手が多くプレーしている海外リーグの1つがオランダリーグです。

このページでは、オランダの国内カップ戦であるオランダカップ(KNVBカップ)の試合日程や、テレビ放送の情報を記載していきます。

 

オランダカップとは

オランダカップとは、オランダサッカー界で行われているトーナメント制の大会です。
2006年度よりKNVBベーカーがスポンサーに付いているために、現在の大会の正式名称はKNVBカップです。
大会名にスポンサー企業の名称が付けられるために、時代と共に名称が変わります。
過去にはアムステルカップであったり、ゲータレードカップと呼ばれていた時代もありました。

 

アマチュアチームは予選を行って勝ち上がってきたチームが本戦に出場できます。

プロチームは本戦から登場する大会で、合計で64チームによってタイトルを競い合います。
イングランドのFAカップを参考にして設立された大会で、1899年に開始されました。
120年近くの歴史ある大会で、国内リーグと共にオランダサッカーの2大タイトルの1つと言えます。

優勝チームは翌シーズンのヨーロッパリーグの出場権と、オランダスーパーカップの出場権を獲得します。

 

レギュレーション

ノックアウト方式の1発勝負のトーナメント制が採用されています。
90分間で決着が付かなかった場合には再試合は行われず、延長戦をします。
延長戦でも勝敗が決しなかったときは、PK戦で次のラウンドに進出するチームを決めます。

 

エールディビジ(オランダリーグ1部)の18チームと、エールステ・ディヴィジ(オランダ2部)の20チームは本戦1回戦から登場します。
ヨーロッパのカップ戦に出場しているクラブはシードされて、2回戦からの登場となります。

2019-2020シーズンの場合には、アヤックス、PSV、AZ、フェイエノールトが2回戦からの出場です。

 

日程

【3回戦(ベスト16)】

開催日時 対戦カード
1月21日 27:45 アイセルメールフォーゲルス vs ゴー・アヘッド・イーグルス
1月21日 27:45 アイントホーフェンFC vs ユトレヒト
1月21日 27:45 アヤックス vs スパーケンブルク
1月21日 27:45 オス vs AZ
1月21日 27:45 フォルトナ・シッタルト vs フェイエノールト
1月21日 27:45 NECブレダ vs PSV
1月21日 27:45 ヘラクレス vs フィテッセ
1月21日 27:45 ヘーレンフェーン vs ヴィレムⅡ

※2019年12月現在の段階では、2回戦まで終了しています。
次の対戦は3回戦(ベスト16)となるために、当サイトでは3回戦以降の日程を掲載します。

 

【準々決勝】

2月12日 26:30 AZ(菅原) vs ブレダ
2月12日 27:45 ヘーレンフェーン vs フェイエノールト
2月12日 28:45 フィテッセ vs アヤックス
2月13日 26:30 ゴーアヘッド・イーグルス vs ユトレヒト

 

【準決勝】

3月4日 28:45 ユトレヒト vs アヤックス
3月5日 28:45 フェイエノールト vs ブレダ

 

【決勝】

4月3日 25:00 ユトレヒト vs フェイエノールト

 

※ 1月29日追記
大会は準々決勝まで進み、勝ち残っているのは8チームのみとなりました。
日本人選手がいるクラブは、菅原所属のAZだけがベスト8に進出です。

 

放送局

テレビ局

 

2019年12月現在の時点では、オランダカップの試合を中継する予定のテレビ局はありません。
エールディビジの放映権を保有しているスカパーや、ハイライトを放送しているDAZNでも中継の予定は発表されていません。

テレビ放送が行われる情報が入り次第、追記します。

 

出場予定の日本人選手

所属クラブ

堂安 律 PSV
菅原 由勢 AZ
本田 圭佑 フィテッセ

 

オランダ3強の一角であるPSVは勝ち残っています。
日本人が所属しているクラブで3回戦に進出しているのは、PSVAZフィテッセの3チームです。
対戦カードの組み合わせを見ても、3チームとも順調に勝ち上がることが濃厚です。

堂安はPSV加入直前はチームに馴染むのに苦労をしましたが、最近は頭角を現し始めています。
カップ戦はリーグ戦に起用されていない選手にもチャンスが巡ってくるために、AZの菅原やフィテッセの本田にも十分にチャンスがあります。

残念ながら、中村所属のトゥエンテと板倉所属のフローニンゲン、中山とファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズヴォレは2回戦で敗退しました。
従って、彼らはリーグ戦に集中する他ありません。

その他の欧州カップ戦組のアヤックスとAZ、フェイエノールトも3回戦に進出しています。

 

最多優勝チーム

 

最多優勝チームは国内リーグ(エールディビジ)と同様にアヤックスで、優勝回数は19回です。
昨シーズンの大会でも優勝をしており、国内2冠を達成しました。
近年のアヤックスは強さを若手とベテランがかみ合い、強さを取り戻しています。
しかし、優勝から遠ざかっていた時期もあり、昨シーズンの優勝の前は2009-2010シーズンです。

 

カップ戦は一発勝負なので、何が起こるかわからない点が魅力です。

 

過去5年間の決勝戦の結果

優勝 スコア 準優勝
2014-2015 フローニンゲン 2-0 ズヴォレ
2015-2016 フェイエノールト 2-1 ユトレヒト
2016-2017 フィテッセ 4-1 AZ
2017-2018 フェイエノールト 3-0 AZ
2018-2019 アヤックス 4-0 ヴィレムⅡ

 

過去5年間で最も優勝しているのはフェイエノールトです。
AZは2016-2017シーズンと2017-2018シーズンの2年連続で決勝で敗れて、タイトルを逃す苦い経験をしています。

それだけに今シーズンはタイトルを獲得するために、強い気持ちを持って大会に臨んでいることでしょう。

 

戦況

優勝候補はアヤックスです。
国内の強豪クラブが順当に勝ち上がった場合には、ベスト8でフェイエノールトとPSVが対戦します。

PSV所属の堂安にとっては、最初の難関と言えるでしょう。
勝ち進むことで本田圭佑所属のフィテッセとの対戦が実現することも考えられます。

菅原所属のAZはアヤックス戦が最大の山場になるでしょう。
KNVBカップのタイトルを獲得するためには、国内最強のアヤックスを撃破する他ありません。
AZは国内リーグ戦でも2位に付けているので、1発勝負ならば勝機もあります。

日本人が所属しているクラブが優勝するところが見たいですね。

 

まとめ

オランダカップは現在のところ、放送予定を発表しているテレビ局が無いことが残念です。
日本人選手がタイトルを獲得するチャンスが十分にある大会なので、期待したいですね。