【2020年】プロ野球の練習試合の日程と放送局の情報まとめ

【2020年】プロ野球の練習試合の日程と放送局の情報まとめ

日本野球機構(NPB)は、2020年シーズンの公式戦の日程を発表しました。
開幕に合わせて各球団は準備を始めるために、練習試合の予定を組んでいます。

公式戦の開幕日は6月19日に決定しており、その前に12球団は6月2日から練習試合を行います。

 

このページでは、2020年シーズンの日本プロ野球の練習試合の情報を記載します。

 

日程

開催日時 対戦カード
6月2日 13:00 DeNA vs 楽天
6月2日 13:00 ヤクルト vs 中日
6月2日 13:00 ロッテ vs 日本ハム
6月2日 14:00 巨人 vs 西武
6月2日 14:00 阪神 vs 広島
6月2日 18:00 オリックス vs ソフトバンク

 

日程は6月2日~6月16日までです。

 

レギュレーション

巨人とロッテを除く10球団は、12試合を予定しています。
巨人とロッテは他球団よりも1試合多く行うために、13試合の準備をしてから公式戦に臨みます。

試合は全て無観客で実施されます。

 

状況

 

元々は東京オリンピックがあるはずでしたので、いつものシーズンよりも前倒しでシーズンが開幕するはずでした。
本来ならば公式戦の開幕日は3月20日と考えられていました。

そのためにオープン戦も早めの始動となっていたために、中断する前に試合をしていたチームも最後の実戦が3月15日でストップせざるを得ないのが実情でした。

 

各選手ごとに自主トレなどはしていたと予想されますが、3月以来の急な実戦になるために調子を上げるのに時間がかかることも十分に考えられます。

 

交流戦の廃止は決定しましたし、公式戦の試合数そのものも減ることが予想されます。
本番で結果を出すためにも、練習試合を行う中で早期に状態を仕上げる場にする必要があります。

 

12~13試合しか行わないので、レギュラークラスの選手の起用や新外国人を最初から使うでしょう。
限られた環境の中で、できる限り今シーズンの開幕戦のオーダーやローテーションピッチャーを決めなければならず、それぞれの球団の監督やコーチ陣にとって腕の見せどころになると言えます。

 

放送局

 

地上波放送は各地域により中継を行う地域もあるでしょう。

全国どこの地域でも視聴する方法はオンデマンド放送で、プロ野球の練習試合の中継を発表しているのはDAZNパリーグTVです。

 

DAZN



DAZNは6月2日から始まる練習試合を放送すると発表しました。
毎日4~5試合ほどの中継を予定しています。

 

DAZNの月額料金は1750円です。
ドコモの携帯と契約している人ならば、割引サービスが適用されて月額料金は980円になります。

 

オンデマンド放送なので、パソコンやタブレット、スマートフォンなどでいつでもどこでも好きなときに試合観戦ができる点がメリットです。
DAZNはパリーグTVとは異なり、セリーグの試合を見ることができます。
プロ野球は勿論のこと、その他の各種スポーツコンテンツが揃っている点も特徴です。

 

1か月間の無料期間もあるために、お試しで加入してサービスを体験してから正式契約を決めることが可能です。
 

 

パリーグTV

パリーグTVは名称どおり、パリーグの試合のみを中継します。
従って、セリーグの試合は対象外です。

 

パリーグTVはソフトバンクかワイモバイルのスマートフォンを使用している人で、Yahoo!プレミアム会員に登録していれば別途料金を支払うことなく視聴できます。
Yahoo!プレミアム会員の月額料金は462円です。

 

Yahoo!プレミアム会員以外の人の月額料金は1450円です。

 

ソフトバンクやワイモバイルのスマホを現時点で使っている人ならば、安い料金で見れるのでお得です。
ソフトバンク系列のスマホを契約していなければ割高になってしまうので、契約中のスマホや携帯電話によって判断したほうが良いです。

 

まとめ

日本野球機構(NPB)が正式にシーズンの開幕を発表して、各球団は練習試合をスタートさせます。
贔屓のチームの状態を確認するためにも、公式戦の前にチェックしたいと考えている人も多いでしょう。

どのように開幕戦を迎えるのか気になる人は、先んじて試合の中継を見ることをおすすめします。