【冨安所属】再開後のボローニャの試合日程や放送局情報

【冨安所属】再開後のボローニャの試合日程や放送局情報

19-20シーズンの欧州サッカーは中断期間がありましたが、少しずつリーグ戦の再開の目途が立ってきています。
フランスやベルギーなどシーズン途中で中止したリーグもありますが、イタリアは6月から試合を再び始めます。

 

そのイタリア1部リーグ(セリエA)で若干21歳でありながら、完全にレギュラーとして活躍しているのが冨安選手です。

 

このページでは、冨安所属のボローニャの日程や放送局情報などを書きます。

 

冨安健洋とは

高校3年生のときにJ2のアビスパ福岡のトップチームに昇格して、実際に公式戦にも出場しました。
身長188cmとジャンプ力の高さでDFラインの一角として、すぐにレギュラーに定着します。
また、彼の魅力の1つにフィード能力の高さも挙げられます。
正確なフィードができるために代表ではボランチで起用されたこともありますし、右サイドバックもできます。

 

J2やU-19日本代表などの活躍により、当時19歳の時点でベルギーのシントトロイデンからのオファーを勝ち取ります。
18-19シーズンはシントトロイデンに所属して、リーグ戦とカップ戦合計で30試合の出場を果たしました。

 

ベルギーでもたった1年でレギュラーを掴み取り、五輪代表を飛び級して日本代表に選出されます。

日本代表でも頭角を現して、早くもプレミアリーグで実績を積んできた吉田麻也とCBのコンビを組むところまで成長しました。

今では日本代表にとって欠かせない人材になっていると言っても過言ではありません。

 

19-20シーズンからはイタリアのボローニャに移籍して、セリエAでも高い評価を受けています。
クラブのGMも長く自軍でプレーするとは予想しておらず、ステップアップすることを示唆する発言もありました。

現状では噂の段階ですが、ローマなどからオファーが届いているとも言われます。
 

日程

 

第27節 6月22日 28:45 vs ユベントス
第28節 6月28日 26:30 vs サンプドリア
第29節 7月1日 26:30 vs カリアリ
第30節 7月5日 24:15 vs インテル
第31節 7月8日 28:45 vs サッスオーロ
第32節 7月12日 26:30 vs パルマ
第33節 7月15日 26:30 vs ナポリ
第34節 7月18日 28:45 vs ACミラン
第35節 7月21日 26:30 vs アタランタ
第36節 7月26日 vs レッチェ
第37節 7月29日 vs フィオレンティーナ
第38節 8月2日 vs トリノ

 

リーグ戦の残り試合の日程は、6月20日から8月2日までです。

最終節が8月2日に設定されているので、中3日ほどの過密日程が組まれていますが、今年の状況を考えると致し方ないと言えます。

 

今シーズンのパフォーマンス

リーグ戦は20試合出場で0ゴール、2アシストの成績です。
26節終了時点で20試合に出場している成績は立派なものと言えます。

 

21歳の若さでありながら、UEFAカントリーランキングで4位に付けているセリエAで、しっかりとレギュラーを掴んでいるのは素晴らしいです。
パフォーマンスの内容でも、イタリア国内で高い評価を受けているために、近い将来は上位クラブに移籍するとの予想が多いです。

 

注目ポイント

 

再開後の初戦はユベントス戦

リーグ戦が再開されると、最初の対戦相手はいきなりユベントスです。
19-20シーズンの第8節での対戦では、2-1でユベントスが勝利を収めました。
その際にはクリスティアーノ・ロナウドも得点を上げました。

今シーズンのクリスティアーノ・ロナウドはイタリアの水にも慣れたのか、22試合で21得点という驚異的な得点能力を取り戻しました。

 

冨安はボローニャでは右サイドバックでの出場も多いために、クリスティアーノ・ロナウドとの直接的なマッチアップが見られます。
ロナウドを抑えることができれば、さらに評価も高まると予想できるので楽しみなマッチアップと言えます。

 

ビッグクラブとの対戦が残されている

残り試合はユベントスのみならず、イタリア国内のビッグクラブとの対戦が多く残っています。
インテルナポリACミランとの対戦もあるために、油断することなく高いパフォーマンスが求められます。

 

ボローニャは26節が終了した段階で10位ですが、一戦ずつ大切に戦うことが重要となるでしょう。

 

放送局

 

冨安がプレーするセリエAの放映権を保有するのは、DAZNスカパーです。

両者共にオンデマンドに対応しているので、パソコンやスマートフォンで観戦できます。

 

DAZN




DAZNはセリエAの他に、リーガ・エスパニョーラプレミアリーグの放映権も持っています。
リーガの再開はすでに決まっており、今後プレミアリーグも再開すると予測できます。

 

コッパイタリアやコパデルレイ、FAカップなどの各国カップ戦も視聴できる点がメリットです。

 

DAZNの料金は月額1750円ですが、ドコモユーザーの人ならばDAZN for docomoからログインすることで月額1050円で視聴できます。

 

1か月間の無料期間があるために、自分の環境で番組を視聴できるか確認してから契約すると良いでしょう。
 

 

スカパー




スカパーもセリエAの放送を行います。

スカパーではブンデスリーガやポルトガルリーグ、リーガ・エスパニョーラは1部と2部の両方を放送しています。
これらの日本人選手が多く所属しているリーグを見たい場合には、スカパーをおすすめします。

スカパーの基本料金は425円で、サッカーセットは月額3035円です。
合計で約3500円ほどの月額料金がかかるために、ブンデスリーガやラリーガ2部なども合わせて視聴したい人向けです。

 

スカパーも1か月間無料で視聴できるサービスが行われているので、1度加入してから正式契約をするかどうか決めると良いです。
 

 

まとめ

いよいよイタリア・セリエAの再開も決定したために、ボローニャでの冨安のプレーを楽しめます。
今後のステップアップも期待しながら、活躍する姿を見ておきたい人はぜひチェックするようにしましょう。